ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトやANAカードを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

年間20万マイルを生み出す!陸マイラー必携のソラチカカード

#ソラチカ#マイル#ANA

年間20万マイル以上を稼ぎ出すために必須のソラチカルート

ANA陸マイラーが陸マイラー活動をしていくことは、ソラチカルート抜きでは語れないでしょう。

本記事では、ソラチカルートを利用するために必須となるANAクレジットカード「ANA To Me CARD PASMO JCB」、通称「ソラチカカード」について解説いたします。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の基本スペック

ソラチカカードは、ANAと東京メトロが提携し、JCBが発行しているクレジットカードです。

ANAマイレージカードの機能と東京メトロのTo Me Card PASMOが一体となっていて、選択できる国際ブランドはJCBのみとなります。

公式サイトでも「ANAカード×PASMO×東京メトロ。陸マイラー最強カードソラチカカード」とうたっており、陸マイラーを強く意識したクレジットカードになっています。

お申し込み対象者

お申し込み対象者としては、以下の通りです。一般カードなので審査基準はそれほど厳しくはありません。

18歳以上。ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
また、高校生を除く18歳以上で学生の方

このカードには上位のゴールドカードやプラチナカードに相当するものが存在しませんので、一般カードのみとなります。

年会費

初年度は年会費無料です。正確に言うと初年度年会費無料キャンペーン中なのですが、今のところこのキャンペーンは永続的に続いていますので、実質年会費無料として問題ないでしょう。

2年目以降は税抜きで2,000円の年会費がかかります。

また、家族カードを発行することもでき、家族会員の場合は2年目以降は税抜きで1,000円の年会費が必要となります。

ETCカード

別途申し込むことによって、ETCカードは発行費用も年会費も無料で利用することができます。

付帯保険

一般カードですので、それほど充実しているとは言えません。

海外旅行損害保険で最高1,000万円、国内航空傷害保険で最高1,000万円、またショッピングガード保険として最高100万円(海外利用時のみ)が付帯しています。

いずれも自動付帯ではなく利用付帯となりますので、このカードを使って決済した場合のみ有効となります。

電子マネー対応

QUICKPayとPiTaPaに対応しています。QUICKPayは無料で利用でき、PiTaPaも年1回以上の利用があれば無料ととなります。

ソラチカカードで貯めることができるポイント

ソラチカカードは、この1枚のカードで3つのポイントが貯められるというのが大きな特徴となっています。

そしてこの特徴が、ハピタスなどのポイントサイトで貯めたポイントを、交換率90%という高いレートでANAマイルに交換することができる仕組みを実現しています。

むしろソラチカカードは、ANAマイルへの高い交換率を実現することで、陸マイラーを取り込むことを目的に発行されています。

ショッピングで貯める「Oki Dokiポイント」

1,000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。Oki Dokiポイントは1ポイントで5円相当となりますのでショッピングにおける還元率は0.5%です。

一般カードとしては普通ですが、還元率1%以上のカードもたくさんありますので、ショッピング用決済カードとしてソラチカカードを使用するのは、あまりおすすめできません。

飛行機で貯める「ANAマイル」

ANAグループ便やスターアライアンス加盟の航空会社便に搭乗の場合はフライトでマイルが貯まります。

また、ANAグループ便であれば10%のボーナスマイルも獲得できます。

ソラチカカードのボーナスマイル

搭乗時のボーナスマイル10%というのは、その他のANA一般カードと同じですね。

ソラチカカードを保有する最大の目的は「ソラチカルート」の開通にあります。

ANAマイレージカードとしてボーナスマイルを狙うのであれば、別途「ANA VISA ワイドゴールドカード」なども保有した方がいいでしょう。

「ANA VISA ワイドゴールドカード」であれば、ボーナスマイルが25%になります。

ANAマイルを貯めることに特化したクレジットカードについては、以下の記事でおすすめ5枚を紹介していますので、合わせて検討してみてください。

ANAのマイルが貯まるおすすめクレジットカード5選

東京メトロで貯める「メトロポイント」

このカードで東京メトロの地下鉄に乗車した場合、平日であれば1乗車ごとに5メトロポイント、休日は15メトロポイントが付与されます。

毎日通勤・通学で1往復すると10ポイント、1ヶ月20日間利用するとして200ポイント貯まりますので、年間2,400ポイントです。

休日も多少地下鉄などに乗車したとして年間3,000ポイント〜4,000ポイントというところでしょうか。

ただし、定期券区間は対象外になります。

また、このカードのPASMO機能を使ったお買い物でもメトロポイントが貯まり、自販機購入で100円=1ポイント、店舗購入で200円=1ポイントとなります。

それ以外に定期券購入で1,000円ごとに5ポイントのメトロポイントも貯まります。

貯めることができるポイントが非常に少ないので、東京メトロ乗車で貯まるポイントをANAマイルに交換しても、大したマイルにはならないのが残念なところです。

入会および継続マイルキャンペーン

ソラチカカードは入会時に新規入会キャンペーンとして1,000マイルがプレゼントされます。 

また、毎年の継続時にも1,000マイルがプレゼントされます。

先ほど、2年目以降の年会費が税別2,000円と説明しましたが、2,000円で1,000マイルを購入していると思えば、1マイル2円なのでなかなかお得かもしれません。

貯めたANAマイルで国際線のビジネスクラス特典航空券を発券すれば、1マイルの価値が5円以上になったりしますからね。

ANA1マイルの価値は、国際線では何円になるか?

JCB STAR MEMBERSでボーナスポイント

ソラチカカードはJCB STAR MEMBERSの対象カードとなります。

JCB START MEMBERSとは、年間でJCBカードを一定金額以上利用した人だけに、特別に提供されるメンバーシップサービスです。

集計期間中の利用合計額によってメンバーランクが確定し、ランクによって特典が得られます。

集計期間中のご利用合計金額(税込) ランク ボーナスポイント
100万円以上 スターα 20%UP
50万円以上 スターβ 10%UP

集計期間はJCB STAR MEMBER 2019の場合、2017年12月16日(土)〜2018年12月15日(土)のご利用分 について、2019年2月〜2020年1月お支払い分が適用期間となります。

ソラチカカードを作成するときにANAマイルを貯める

公式のソラチカカード入会キャンペーン

ソラチカカードの入会キャンペーン

2018年5月1日から10月31日まで、 ソラチカカードの入会キャンペーンをやっています。

公式サイト上のキャンペーン情報では「ANA JCBカード」全般で記載されているので、ちょっと分かりにくいのですが、このキャンペーンを利用してソラチカカードを作成すると、最大で18,700マイル相当がもらえます。

入会時にもれなく1,000マイルプレゼント

まずは入会するだけで、入会した日の翌月末にANAマイルが1,000マイルもらえます。

MyJチェックに登録すると400ポイントプレゼント

MyJチェックというのは、クレジットカードの利用明細をWEB上やメールで確認することで、紙の明細書の発行を行わないサービスです。

もらえる400ポイントはOki Dokiポイントですので、ANAマイルに交換すると1,200マイルになります。

参加登録が必須となりますので、ソラチカカードが手元に届いたらキャンペーン登録ページから参加登録を行いましょう。

ショッピング利用で5,500ポイントプレゼント

入会から2018年10月31日までの間に、30万円以上をショッピング利用するとOki Dokiポイントが1,000ポイント(3,000マイル相当)がもらえ、60万円以上ならOki Dokiポイントが5,500ポイント(16,500マイル相当)がもらえます。

こちらも事前登録が必要です。

上記と同じキャンペーン登録ページから参加登録を行いましょう。

ソラチカカードの作り方でさらにANAマイルが貯まる

公式サイトから直接ソラチカカードの発行を申し込むと、最大でもらえるANAマイルは18,700マイルです。

しかし、ソラチカカードの発行で獲得できるANAマイルは、実はこれだけではないのです

詳しくは、以下の記事をご参照ください。

クレジットカードを作ってANAマイルを手に入れる

年間20万マイルのソラチカルートを活用する

ここからは、ソラチカカードを使うことで開通する「ソラチカルート」のお話です。

ソラチカカードはANAマイル還元率が特別高いわけでもなく、その他特典サービスが充実している訳でもありませんので、このカード単体での魅力はあまりありません。

にも関わらず、陸マイラーの間でソラチカカードが有名になっているのは、このカードを使うことで、ポイントサイトなどで貯めたポイントを、交換率90%という驚異的な数値でANAマイルに交換できる「ソラチカルート」が使えるようになるからです。

メトロポイントとANAマイルのポイントの相互交換機能

重要なのはこのカードが持つ、メトロポイントとマイルの相互交換機能です。

100メトロポイント=90マイルに交換することができ、交換率90%(0.9倍)となります。

ソラチカカードは、ANAマイルとメトロポイントの相互交換が可能

楽天スーパーポイントやTポイントなどの他社ポイントをANAマイルに交換すると、通常は交換率が50%(0.5倍)です。

この交換率が悪いわけではなく、1ポイントと1マイルが持つ価値からすると、交換率50%は普通なのです。

一般的なポイントは1ポイント=1円という相場になっており、マイルは1マイル=2円以上の相場となっているからです。

他社ポイントからANAマイルへ交換

メトロポイントも同様で1ポイントは1円という相場です。

メトロポイントと楽天スーパーポイントは等価交換ですし、nanacoポイントとも等価交換です。つまり1ポイント=1ポイント換算で交換ができます。

ところが、ANAマイルへ交換するときだけ、なぜかメトロポイントの価値が跳ね上がります。

1マイルの価値を2円として、交換比率から逆算すると、メトロポイント1ポイントは1.8円の価値になるのです。

つまりANAマイルに交換するということに関しては、メトロポイントは楽天スーパーポイントやTポイントよりも価値が高くなります。

このANAマイルに対しては、他のポイントと比べて価値が高くなり、結果として高い交換率でANAマイルに交換できることがソラチカルートの最大の特徴で、ソラチカカードの最大の強みと言えます。

メトロポイントをより多く貯めるコツ

ということは、楽天スーパーポイントやTポイントを貯めるよりも、メトロポイントを貯めた方がANAマイルが多く手に入ります。

では、メトロポイントはどのように貯めればいいのでしょうか?

先ほど説明した通り、ソラチカカードを使って地下鉄に乗ることで年間3,000〜4,000メトロポイントが貯められます。PASMOを使って買い物したり、もっと頻繁に地下鉄に乗ることでより多くのメトロポイントが貯められるかもしれません。

それでも、がんばって10,000メトロポイントがいいところではないでしょうか?

10,000メトロポイントをソラチカルートでANAマイルに交換したとしても、年間9,000マイル程度にしかなりません。

実はメトロポイントは、ANAマイルへの交換率が高いという強みを持っている一方、地下鉄などの乗車ではこのポイントを貯めづらいという弱みを持っています。

そこで活用したいのが「ハピタス」や「モッピー」「ちょびリッチ」などのポイントサイトです。

例えば、ハピタスというポイントサイトでは毎月10,000以上のポイントを貯めることができます。

貯めたポイントを現金化することもできるので、お小遣い稼ぎとして活用している人もいますが、多くの人は陸マイラーとしてANAやJALのマイルを手に入れるために利用しています。 

ハピタスって何?ということについては、以下の記事で詳細に解説しています。

ポイントサイトでANAマイルを貯める方法。ハピタスの基本から使いこなし方まで紹介。

これらポイントサイトで貯めたポイントは、ポイント交換サイトを中継することでメトロポイントに、そしてANAマイルに交換することができるのです。

ポイントサイトからメトロポイント、ANAマイルへの交換ルート

実はこのソラチカルートが使えるのは2018年3月31日までです。2018年4月1日以降はポイント交換サイトの代わりに「LINEポイント」を中継させる新ソラチカルートを使用することになります。

私は新ソラチカルートを、これまでのソラチカルートと混同しないように「LINEルート」と呼んでいます。

「LINEルート」の詳細については、以下の記事をご参照ください。

ソラチカルートに代わるLINEルートの詳細

ソラチカカードを使ったソラチカルートのまとめ

ではここで、1年で20万以上のANAマイルを貯めるまでの道のりを簡単にまとめてみましょう。

以下がポイントサイトでポイントを貯めるところからソラチカルートを使ってANAマイルに交換するまでのステップです。

  1. ポイントサイトで毎月20,000ポイントを貯める
  2. 貯めた20,000ポイントを20,000ドットマネーに交換する
  3. 20,000ドットマネーを20,000メトロポイントに交換する
  4. 20,000メトロポイントを18,000マイルに交換する

ソラチカカードが必要になるのは、このルートの3番目〜4番目のところです。

ポイントサイトのポイントが直接メトロポイントやANAマイルには交換できないので、ちょっと面倒だなと思うかもしれませんが、一度やってみるとそれほど手間でもなく、簡単にANAマイルに交換することが可能です。

そうそう、説明し忘れていましたが、メトロポイントの毎月の交換上限は20,000ポイントとなっています。

20,000メトロポイントは18,000ANAマイルですので、毎月18,000マイルを貯めるのが上限となります。

18,000マイル × 12ヶ月で21,6000マイル。これがソラチカルートを使ってANAマイルを貯めることができる年間上限です。

ソラチカルートの詳細については、以下の記事をご覧ください。

ソラチカルートの最短スケジュール

これからソラチカカードを発行しようと検討していますか?

ソラチカカードに関わらず、全てのANAカードでは、クレジットカードを発行する時点でマイルを貯める方法があります。

うまくいけば、ただクレジットカードを発行するだけでANAマイルが数万もらえることもあります。

しかも、ANAカードを発行する最初の1枚目のみです。

2枚目以降でも、本記事で紹介しているようなキャンペーンを利用することで数万マイルを貯めることは可能ですが、1枚目はさらに上をいきます。

もし、これから作成しようとしているソラチカカードが、初めてのANAカードでしたら、ぜひ以下の記事も忘れずにチェックしてください。

クレジットカードを作ってANAマイルを手に入れる

#ソラチカ#マイル#ANA

2018-05-01