ANAマイルでまったりハピタス生活

お小遣いサイトのハピタスを活用した生活に役立つ情報やANAマイルで特典航空券を手に入れて行く家族旅行などを発信しています。

年間20万マイルを生み出す!陸マイラー必携のソラチカカード

手軽に年間で20万マイルを稼ぎ出すために必須のソラチカルート

ハピタスというお小遣い稼ぎをするサイトで貯めたポイントは、現金やギフト券に交換することができますが、一方、ANAマイルなどの航空会社のマイルに交換することも可能です。

一見するとポイントを現金化して、その現金で航空券を購入するのと同じように見えるかもしれませんが、実はポイントや現金とマイルとでは価値換算が少々異なります。

例えばハピタスでは稼いだポイントを1ポイント=1円から現金化することができます。

1,000ポイント交換すると1,000円になります

これをANAマイルに交換した場合はどうなるのかというと、1,000ポイントが最終的に900マイルになります

「あれ?1,000マイルじゃないんだ?じゃあ、ちょっと損するってこと?」

と思ってしまいがちですが、実は1マイルの価値が1円ではないのです。

1マイルが何円換算になるかは、その使い方によって大きく変わってきてしまうのですが、概ね1マイルが1.5円以上から10円ほどの価値になりますので、例えば中間あたりをとって5円とした場合、以下のようになります。

  • 1,000ポイント = 900マイル(ANA)= 4,500円

 

1マイルの価値をどのように捉えるかは、以下の記事で詳細に検証しておりますので、詳しくは以下をご覧ください。 

ANA1マイルの価値は何円になるのか?10円以上になることもあるのか?

 

私は個人的に旅行好きということもあって、ハピタスで稼いだポイントは積極的にANAマイルに交換しています。

その際、上記のようにハピタスで稼いだ1,000ポイントを900ANAマイルという倍率0.9倍で交換する方法のことをソラチカルートと呼びます。

ソラチカルート以外でハピタスのポイントをANAマイルに交換しようとすると、多くの場合は倍率0.5倍程度となってしまい、1,000ポイントが500ANAマイルにしかなりません。

このソラチカルートを使用するために必要となるのが「ANA To Me CARD PASMO JCB」というクレジットカード、通称ソラチカカードとなります。

このカードの通称であるソラチカカードを使うことから、ソラチカルートと呼ばれています。

ソラチカルートがどんなものなのか、どうやって使うのか等については以下に別記事としてまとめましたので、本稿ではソラチカカードについて詳しくご紹介したいと思います。

【2018年1月最新版】ソラチカルートの最短スケジュール

 

 

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の基本スペック

ソラチカカードとは、ANAカードと東京メトロのTo Me Card PASMOが一体となったクレジットカードになります。

選択できる国際ブランドはJCBのみです。

お申し込み対象者

お申し込み対象者としては、18歳以上。ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
また、高校生を除く18歳以上で学生の方となっており、審査の基準としてはそれほど厳しいものではありません。

このカードには上位のゴールドカードやプラチナカードに相当するものが存在しませんので、一般カードのみとなります。

年会費

初年度は年会費無料です。正確に言うと初年度年会費無料キャンペーン中なのですが、今のところこのキャンペーンは永続的に続いていますので、実質年会費無料として問題ないでしょう。

2年目以降は税抜きで2,000円の年会費がかかります。

また、家族カードを発行することもでき、家族会員の場合は2年目以降は税抜きで1,000円の年会費が必要となります。

ETCカード

別途申し込むことによって、ETCカードは発行費用も年会費も無料で利用することができます。

付帯保険

一般カードですので、それほど充実しているとは言えません。

海外旅行損害保険で最高1,000万円、国内航空傷害保険で最高1,000万円、またショッピングガード保険として最高100万円(海外利用時のみ)が付帯しています。

いずれも自動付帯ではなく利用付帯となりますので、このカードを使って決済した場合のみ有効となります。

電子マネー対応

QUICKPayとPiTaPaに対応しており、QUICKPayは無料で利用でき、PiTaPaも年1回以上の利用があれば無料ととなります。

 

ソラチカカードで貯められるポイント

ソラチカカードは、この1枚のカードで3つのポイントが貯められるというのが大きな特徴となっています。

そしてこの特徴が、ソラチカルートにとってとても重要なものとなります。

ショッピングで貯める

1,000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント付与されます。Oki Dokiポイントは1ポイントで5円相当となりますのでショッピングにおける還元率は0.5%となります。

一般カードとしては普通ですが、還元率1%以上のカードもたくさんありますので、ショッピング用決済カードとしてソラチカカードを使用するのは、あまり賢い選択ではないかもしれません。

飛行機で貯める

ANAグループ便やスターアライアンス加盟の航空会社便に搭乗の場合はフライトでマイルが付与されます。

また、ANAグループ便であれば10%のボーナスマイルも獲得できます。

f:id:jiwajiwakuru:20180107001640p:plain

ANAマイルを貯めようと思っている方は、他にボーナスマイルをより多く獲得できるカードも多数存在しますので、このソラチカカードをANAマイレージのメインカードにすることはあまり得策とは言えません。

例えばANAマイルを貯めている陸マイラーの間で有名なカードは「ANA VISA ワイドゴールドカード」ですが、こちらであればボーナスマイルは25%になります。

ANAマイルを貯めることに特化したクレジットカードについては、以下の記事でおすすめ5枚を紹介していますので、合わせて検討してみてください。

ANAのマイルが貯まるおすすめクレジットカード5選

東京メトロで貯める

このカードで東京メトロの地下鉄などに乗車した場合、平日であれば1乗車ごとに5メトロポイント、休日は15メトロポイントが付与されます。

f:id:jiwajiwakuru:20180106234542p:plain

毎日通勤で1往復すると10ポイント、1ヶ月20日出勤として200ポイント貯まりますので、年間2,400ポイントです。休日も多少地下鉄などに乗車したとして年間3,000ポイント〜4,000ポイントというところでしょうか。

ただし、注釈にある通り定期券区間は対象外ですので、ご注意ください。

また、このカードのPASMO機能を使った場合もメトロポイントが付与され、自販機購入で100円=1ポイント、店舗購入で200円=1ポイントとなります。

それ以外に定期券購入で1,000円ごとに5ポイントのメトロポイントも付与されます。

入会および継続マイル

ソラチカカードは入会時に新規入会キャンペーンとして1,000マイルがプレゼントされます。 

f:id:jiwajiwakuru:20180106235026p:plain

また、毎年の継続時にも1,000マイルがプレゼントされます。

2年目以降の年会費が税別2,000円と先述いたしましが、2,000円で1,000マイルを購入していると捉えることが出来ます。

もしマイルをうまく活用して1マイル3円以上とすることが出来るのであれば、このボーナスマイルだけでも十分に価値があるものと言えます。

JCB STAR MEMBERS

ソラチカカードはJCB STAR MEMBERSの対象カードとなります。

JCB START MEMBERSとは、年間でJCBカードを一定金額以上ご利用された人だけに、特別にご提供するメンバーシップサービスです。

集計期間中の利用合計額によってメンバーランクが確定し、ランクによって特典が得られます。

集計期間中のご利用合計金額(税込) ランク ボーナスポイント
100万円以上 スターα 20%UP
50万円以上 スターβ 10%UP

集計期間はJCB STAR MEMBER 2019の場合、2017年12月16日(土)〜2018年12月15日(土)のご利用分 について、2019年2月〜2020年1月お支払い分が適用期間となります。

f:id:jiwajiwakuru:20180107091425p:plain

 

年間20万マイルのソラチカルートを活用する

ここまで見てきた通り、このカード単体では魅力が薄い部分も多いです。

ショッピングでの還元率0.5%も決して高いとは言えず、ボーナスマイルも10%止まりですし、メトロポイントも大量獲得にはほど遠いです。

それでもこのカードが陸マイラー必携のカードとなっているのは、このカードがソラチカルートを使ってハピタスポイントをANAマイルに交換するのに必須のカードとなっているからです。

ポイントの相互交換機能

重要なのはこのカードが持つ、メトロポイントとマイルの相互交換機能です。

f:id:jiwajiwakuru:20180107092452p:plain

 100メトロポイント=90マイルに交換することができ、交換倍率0.9倍となります。

先述の通り、一般的なポイントからマイルへの交換は0.5倍程度が一般的です。楽天スーパーポイントやTポイントなどからANAマイルへの交換時も0.5倍です。

f:id:jiwajiwakuru:20180107093247p:plain

つまりANAマイルに交換するという目的においては、メトロポイントは楽天スーパーポイントやTポイントよりも高価値という位置付けになるのです。

例えば1マイルの価値を少なく見積もって3円とした場合、900マイルで2,700円相当となります。

これを倍率0.9倍率のメトロポイントと、倍率0.5倍の楽天スーパーポイントに逆換算して見た場合、以下の通りとなります。

  • 900マイル = 1,000メトロポイント = 2,700円 → 2.7円/メトロポイント
  • 900マイル = 1,800楽天ポイント = 2,700円 → 1.5円/楽天ポイント

1楽天ポイントは1.5円相当の価値なのに対して、1メトロポイントは2.7円となるわけです。

メトロポイントをより多く貯めるコツ

ここまで見てきたように、ソラチカルートが使える状況では、楽天スーパーポイントやTポイントよりも、メトロポイントを貯めてANAマイルに交換するのが良いことが分かりました。

では、メトロポイントはどのように貯めればいいのでしょうか?

上述の通り、ソラチカカードを使って地下鉄に乗ることで年間3,000〜4,000メトロポイントが貯められます。PASMOを使って買い物したり、もっと頻繁に地下鉄に乗ることでより多くのメトロポイントが貯められるかもしれません。

それでも精々10,000メトロポイントがいいところではないでしょうか?

10,000メトロポイントをソラチカルートでANAマイルに0.9倍交換したとして、年間9,000マイル程度でしょうか。

メトロポイントは実はポイントとしては少々貯めづらい部類に入ります。

そこで活用したいのがハピタスなどのポイントサイトです。

f:id:jiwajiwakuru:20180107094928p:plain

ハピタスというポイントサイトでは毎月20,000〜30,000という単位でポイントを稼ぐことが出来ます

稼いだポイントを現金化することもできますので、お小遣いとしてもいいのですが、このハピタスで稼いだポイントをメトロポイントに交換することが出来るのです。

ハピタスの紹介を詳細に行うと非常に長くなってしまいますので、もしハピタスについて詳しく知りたいという場合は、以下の記事などを参考にしてみてください。

ハピタスについてみんなが知りたいメリットと注意点

ハピタスの評価と評判を徹底解剖

ソラチカルートを使って20万マイルを稼ぐ

ここで、20万マイルを稼ぐまでの道のりを簡単にまとめてみましょう。

以下がハピタスでポイントを稼いでからソラチカルートを使ってANAマイルに交換するまでのステップです。

  1. ハピタスで毎月20,000ポイント稼ぐ
  2. 20,000ハピタスポイントを20,000ドットマネーに交換する
  3. 20,000ドットマネーを20,000メトロポイントに交換する
  4. 20,000メトロポイントを18,000マイルに交換する

ソラチカカードが必要になるのは、このルートの3番目〜4番目のところですね。

ハピタスのポイントが直接メトロポイントやANAマイルには交換できないため、それぞれポイントを交換していく必要があり、少しだけ手間と時間がかかります。

このソラチカルートの各ステップの詳細については、以下の記事をご覧ください。 

ソラチカルートの最短スケジュール

 

ハピタスサイトでポイントを稼いでみる

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を発行して、ソラチカルートを使えるようにしたとしても、このルートに乗せるポイントが無ければ、このカードが活きてきません。

ハピタスへの登録は入会金や年会費などは一切発生せず、無料でお使い頂けますので、気軽に登録して見てください。

ハピタスへの登録方法など詳細については、よろしければ以下をご覧ください。

簡単なハピタスへの登録方法

入会キャンペーンの利用

2018年12月18日から入会キャンペーンが開始されています。

今回のキャンペーンは、これまで実施されてきた1,000ポイントがもらえる紹介de1,000ptキャンペーン」と、「賞金総額100万円ランキング」 の2本立てになっていて、久しぶりの大型キャンペーンとなっています。

f:id:jiwajiwakuru:20171218222514p:plain

キャンペーンの特典を受けるためには、以下の条件がありますのでご注意ください。

  1. ハピタス会員の紹介を受けて新規登録すること
  2. 新規登録は2018年1月18日までに行うこと
  3. 2018年3月31日までにハピタスで貯めた300ポイントを交換すること

どれも決して難しい条件ではありませんが、単にハピタスに登録するだけではないことに注意してください。

詳しくは以下の通りとなります。

ハピタス会員の紹介を受けて新規登録すること

私はハピタス会員ですので、当ブログを経由してハピタスに登録するだけで大丈夫です。以下のバナーをクリックすることでハピタスの登録画面に移動しますので、そこ経由でハピタスへの登録を行うことで、最初の条件はクリアとなります。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

新規登録は2018年1月18日までに行うこと

通常、ハピタス会員から紹介を受けて新規登録をした場合でも、もらえるポイントは30ポイントです。今回のキャンペーン特典では、これが大幅にアップし1,000ポイントももらえるようになっていますので、ぜひキャンペーン期間に乗り遅れないようにしましょう。 

2018年3月31日までにハピタスで貯めた300ポイントを交換すること

ハピタス上に掲載されている広告を利用するとハピタスポイントがもらえます。例えばハピタス経由で楽天市場で買い物をすると、購入価格の1%がポイントとしてもらえます。

もちろん楽天スーパーポイントなどの、本来ハピタスを経由しなくてももらえるポイントがその分減るわけではなく、いつも獲得しているポイントにハピタスのポイントが追加されるかたちです。

このポイントは、「Amazonギフト券」や「楽天ポイント」に交換したり、もちろんANAマイルやJALマイルに交換して行くことも可能です。もっと言えば現金化することも出来ますので、ANAマイルなどにはあまり興味がない方でも直接的な金銭収入と活用できるかと思います。

ハピタスを効果的に使いこなすために抑えておくべき5つの特徴 

そしてキャンペーンの最後の条件は、ハピタスで得たポイントの内、300ポイント以上を何かしら他のポイントに交換をすることとなります。

初心者の方からすると、ここでいう300ポイントがどれほどのことか分からないかもしれませんが、1案件で1,000ポイント以上もらえる案件が、それこそ無数に存在しますので、300ポイント程度でしたら登録したその日の内に超えてしまうと思います。

忘れないように、2018年3月31日までには何かのポイントなどに交換しておきましょう。

登録が完了したら、ぜひ積極的にポイントを稼いで大量マイルをGETして見てください。

初めは何から手をつけていいのか分からないかもしれません。ハピタスを始めたばかりの方向けに、簡単にハピタスサイトの見方や使い方などを以下の記事にまとめましたので、よろしければご参考にどうぞ

ハピタスに登録したらまず何をする?どうやって稼ぐ?