ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトやANAカードを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

マイルを貯めるのに適したポイントサイトとして陸マイラーがハピタスを推奨する理由

#ハピタス#マイル#貯める#ハピ友

『楽天スーパーポイントやTポイントよりもお得なマイルを貯めよう』

『JALよりANAマイルの方が貯めやすいようだ』

『ANAマイルが貯まるクレジットカードに切り替えよう』

『もっとANAマイルを貯めるならポイントサイトを利用するのが良さそうだ』

これが、陸マイラー誕生の瞬間です。

こうして、陸マイラーはより多くのポイントが稼げる、つまりANAやJALのマイルを多く貯めることができるポイントサイトを探します。

その結果、多くの陸マイラーがハピタスを活用し始め、同じくらい多くの陸マイラーがハピタスを推奨するようになります。

あなたも、ANAマイルを貯める方法や、ANAマイルを貯めるのにおすすめのポイントサイトを探してみたらハピタスが良いらしいという情報を見つけたりしていませんか?

ここでは、どうして陸マイラーが数あるポイントサイトの中でもハピタスを推奨するのかを解説いたします。

ANAやJALのマイルを貯めるにはポイントサイトの活用は必須

当サイトで何度も解説していますが、マイルを効率的に貯める方法として、ポイントサイトの活用は欠かせません。

飛行機に乗ってマイルを貯めたり、クレジットカードを利用してマイルを貯めることに比べ、ポイントサイトを活用することで貯めることができるマイルは桁違いに多くなります。

ハピタスでANAマイルを貯める方法

飛行機やクレジットカードでマイルを貯める

マイルは航空会社のポイントサービスです。

正攻法では飛行機に乗ってマイルを貯めるのが基本だと思いますよね?

クレジットカードで貯まるポイントも、マイルへ交換する仕組みが用意されているわけですから、ぜひとも活用したいです。

しかし、残念ながらこの2つの手段で貯めることができるマイルには限りがあります。

そして、この2つの手段と同じように、ポイントサイトで貯まるポイントをマイルへ交換する仕組みも用意されています。

マイルを貯めるおすすめの方法」で解説していますが、それぞれの方法で貯めることのできるマイル数は以下の通りとなります。

  • 飛行機に乗って貯める:20,000〜30,000マイル/年
  • クレジットカードで貯める:10,000〜20,000マイル/年
  • ポイントサイトで貯める:194,000~252,000マイル/年

ANAマイルを貯めるおすすめの方法

マイルを貯めたいと思っている人がポイントサイトを活用しようと思うのも当然で、ポイントサイトも陸マイラーが使ってくれることを歓迎しています。

もちろん、日々の決済にクレジットカードを利用することでマイルを貯めることも重要です。

例えば、ANAのマイルを貯めやすいクレジットカードとして「ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード」があります。

このようなクレジットカードを使うか使わないかで、年間で貯められるANAのマイル数には差が出てきます。

陸マイラー最強のクレジットカードの紹介

ハピタスとはどんなポイントサイト?

ポイントサイトならどこでも同じようにマイルが貯まるわけではありません。

正確には、ポイントサイトで貯まるのは、各ポイントサイトの独自ポイントです。

このポイントをANAやJALのマイルに交換することで、目的のマイルを貯めることができます。

JALよりANAの方がマイルを貯めやすいと言われる理由は、ポイントサイトからの交換率がANAのマイルの方が高いからです。

ポイントサイトごとに特色があり、とにかく遊んで楽しんで、その結果としてポイントが貯まるところや、お楽しみ要素は少ないけど、効率的にマイルが貯まるところなど様々です。

その中で「ハピタス」は、特に陸マイラーから推奨されることが多いポイントサイトです。

ハピタスはお楽しみ要素は非常に少なく、少しでも多くポイントを効率的に貯めるということに特化しています。

陸マイラーのゴールはマイルを貯めることであって、ゲームで楽しんだり、その結果ポイントが貯まったりということは、すべて途中経過の手段に過ぎません。

ハピタスの基本情報

陸マイラーがハピタスをおすすめする理由

ハピタスはショッピング広告案件に特化していて、ポイント還元率が高い案件が多いので、普通に利用していても毎月1万〜2万ポイントを貯めることが可能です。

しかし、それよりももっと効率的にポイントを貯める方法があります。

それが、ハピタスはもちろん、他のポイントサイトも行っている紹介制度の活用です。

陸マイラーは数あるポイントサイトの中で、どこの紹介制度がいいのかを考え、比較します。

過去には色々なポイントサイトの紹介制度を試してみた結果を、ブログに公開してる人もいました。

紹介制度の仕組みも各ポイントサイトで少しずつ違いがあり、紹介した時点で多くのポイントがもらえるところ、紹介した時にもらえるポイントは少ないけど、継続的にボイントがもらえるところなど様々です。

一般的にポイントサイトで紹介制度を活用して獲得できるポイントには2種類あります。

  • 紹介した時点でもらえるボーナスポイント
  • 紹介した相手がポイントを貯めた実績に応じてもらえるボーナスポイント

ハピタスは誰かを紹介しても、紹介した時点でもらえるポイントはわずかです。

ところが、ハピタスでは紹介した相手がポイントを貯めるともらえるボーナスポイントが、他のポイントサイトよりも多く設定されています

もちろんそれに伴うデメリットもあります。

まず、あなたが広告案件を利用してポイントを稼いだとします。

そうすると、ハピタスは広告主からもらえる広告宣伝費の一部を、あなたにポイントとして還元します。

さらに、もしあなたが、誰かからの紹介でハピタスに登録していた場合、ハピタスは、その紹介主にもポイントの一部を還元しないといけません。

紹介されたあなたのポイントが減るわけではないので、紹介主に還元するポイントは、ハピタスが支払うことになります。

元々広告案件を利用した際のポイント還元率を高めに設定している上に、紹介主に払い出すボーナスポイントも高いとなれば、当然ハピタス側の実入りは減ってしまいます。

その結果、ハピタスとしては、広告案件を利用してもらう以外に、ポイントを利用者に与える余裕がありません。

そのため、ハピタスにはクイズやビンゴなどがないのです。

これがハピタスというポイントサイトが抱えるデメリットです。

また、ハピタスではこの仕組みを維持するために、ポイントの交換上限を毎月3万ポイントに制限しています。

一部の人に大量のポイントを一気に持ち出されたら、収益を圧迫してしまいますからね。

これは、他のポイントサイトではあまり見られないハピタスならではの仕様です。

しかし、これらデメリットも陸マイラーにとっては捉え方が変わってきます。

まず、最初に説明したように、陸マイラーのゴールはマイルを貯めることです。

ゲームで楽しむとか、ビンゴで遊ぶとかは、マイルを貯めるために必要でなければ、それほど重要ではありません。

また、ハピタスなどのポイントサイトで貯めたポイントをマイルへ効率的に交換するには、一度メトロポイントに交換するのが最も交換レートが良くなります。

メトロポイントからANAマイルへの交換は毎月2万ポイントが上限という制約があるので、ハピタスの交換上限3万ポイントも気になりません。

メトロポイント経由でのマイル化
2018年3月末までのソラチカルート、2018年4月以降のLINEルートは、どちらもメトロポイントを経由します。

nimocaルートや三井住友ルートを使ってポイントをマイルに交換する場合は、メトロポイントを経由しませんので毎月の20,000ポイント上限という制約は異なってきます。

つまり、陸マイラー視点で捉えると、ハピタスの紹介制度は、他のポイントサイトと比べて多くのボーナスポイントがもらえるというメリットがある割にはデメリットがまったくないのです。

こうして、多くの陸マイラーが各ポイントサイトの紹介制度を比較した結果、行き着くのがハピタスになるのです。

紹介制度の活用は難しい?

一見、美味しい制度にも見えますが、注意点もあります。

いくらハピタスのボーナスポイントが他のポイントサイトよりも優れているとはいえ、せめて50〜100人以上は集めないと満足のいくポイントにはなりません。

おそらく、ハピタスの紹介制度を活用しようと挑戦した陸マイラーの多くが、紹介者を集めることができず挫折いったことでしょう。

ハピタスに限らず、紹介者を広く多く集めるのは、本当に大変なのです。

あなたがこの手の情報を求めて、Googleで検索して上位にヒットするようなサイトは、紹介制度である程度の結果を出しているサイトです。

成果が出ているサイトの情報を鵜呑みにしても、その方法は誰にでもできることでは無いことが多いです。

ほとんどの人が、自分で発信した情報が検索されず、人の目に触れることなく、紹介者を増やすことができず消えていっていると思います。

例えば「ANA マイル ハピタス」とGoogleで検索してみてください。

検索結果の1ページ目に出てくるサイトは、この紹介制度をうまく活用できているサイトです。

2ページ目でも大丈夫かもしれませんが、3ページ目以降になってくると、そのサイトへの集客はあまりなくなってくるでしょう。

つまり、マイルを貯めようとハピタスを始め、その人がさらに効率的にマイルを貯める方法をGoogleなどで探すと、紹介制度で成果を出しているサイトを見つけます。

それを見てじゃ自分もやってみようとトライすると、思ってた以上に大変で、多くの人が結果を出せないまま挫折します。

でも、その挫折した人たちの情報は目に見えるところに出てきません。

また別の人検索をすると、成功しているサイトを見つけて紹介制度にトライします。

ということが、日々繰り返されています。

もし、あなたが検索エンジン対策がすごく上手で、Google検索で上位に位置付けられるようにしたとしましょう。

次に大事になってくるのは、あなたが用意したブログやウェブサイトの中身です。

検索エンジン経由であなたのサイトを訪れてくれる方は、ほぼすべてが見ず知らずの人でしょう。

そのような人たちが、あなたが用意したサイトを見て「役に立った」「見てよかった」などと思ってくれるからこそ、あなたの紹介でハピタスに登録してみようと思ってくれるのです。

しかも、他の人のサイトを見て、同じような記事を作ってしまうと、Googleからコピーサイトとして認識されてしまい、検索順位が大きく落ちていきます。

見てくれる人に、役に立つ情報を発信するのも難しいですが、さらにその中で独自性を出していくのも大変です。

数々の難関をクリアして、立派なサイトに仕上げるには、時間もかかりますし根気も必要です。

そこに行き着くのは、なかなか大変です。

当サイトの上位キーワード
当サイトに訪問してくれる人のキーワードは、年明けから
「ハピタス ソラチカルート」と「nimocaルート」が圧倒的に多くなりました。
このキーワードで検索するのは陸マイラーの人だと思いますが、ソラチカルート閉鎖のニュースの衝撃が大きかったことが分かりますね。

紹介制度の活用をメインにはしない

しかしハピタスに関して言えばそれでも十分なのです。

なぜならば先ほども説明したように、ハピタスでは紹介制度がたとえうまくいかなかったとしても、自分で稼ぐだけで月に1万〜2万ポイントを貯めることが可能なのです。

ハピタスで2万ポイントを貯める方法

そして中には紹介制度で成功して その人のサイトが Google の検索などで上位上がってくることもあるでしょう。

順序は逆かもしれませんね。Googleの検索で上位に上がってくるからこそ、紹介制度で成果を出せるのかもしれません。

それが徐々に積み重なり、マイルを貯めることができる最適なポイントサイトとして、ハピタスを推奨する情報が増えてきているのだと思います。

ですので、あなたもハピタスを始めたら、試しに紹介制度を利用してハピ友を増やそうしてみてもいいかもしれません。

Googleの検索上位で見かけるような、紹介制度をうまく活用できている人たちだって、ハピタスを紹介し始めて1〜2ヶ月で成果は出せていないはずです。

それこそ、もともとネット上で影響力のある人であれば別ですが。

その人たちがハピ友を増やし始めることができたのは、ハピタスを紹介し始めてから半年〜1年はかかっているはずです。

あなたがこれから紹介制度を利用し始めたとしても、それぐらいか、もしくはそれ以上の年月がかかると思いますので、その間は普通にハピタスを利用して毎月20,000ポイントを貯めていけばいいのです。

まだハピタスを利用したことのない人に向けて有意義な情報を発信し、ハピタスの良さを紹介し続けていくうちに、ハピ友ポイントが50獲得でき、それが100になり、500になり、1,000になり、いつかきっとそれが2万や3万ポイントを超える日が来るかもしれません。

とはいえ、夢ばかり追いかけていても、一向にマイルを貯めることはできません。

何事も、コツコツやっていくことが大事ですよね。

少しずつハピタスを活用して、ANAマイルを貯めて、ビジネスクラスで海外旅行にいきましょう。

ここから登録でボーナスポイント獲得 !!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

#ハピタス#マイル#貯める#ハピ友

2018-04-20