ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトやANAカードを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

ハピタスの換金方法と交換先

#ポイントサイト#ハピタス#交換

ハピタスで貯めたハピタスポイントは有効期限がありませんので、1年間ログインしないことでアカウントが失効しない限りは、長期間コツコツ貯めて、いつでも換金することが出来ます。

ここでは、ハピタスのポイントを現金に変える時の換金方法と、現金以外の他社ポイントへの交換について解説します。

換金手数料・交換手数料

お小遣いサイト【ハピタス】のメリットと注意点 でも紹介していますが、ハピタスでは現金化する場合も、他社ポイントに交換する場合も、手数料は一切発生致しません

他のポイントサイトでは交換先によっては手数料が発生してしまうため、実質的に等価交換出来ない場合が多いですが、ハピタスではそのようなことはありません。

一応「キャンペーン中につき無料です」ということにはなっていますが、今のところ、このキャンペーンが終わる見込みはなさそうです。

金融機関への振込手数料も無料
ハピタスでは金融機関へ振り込んで現金化する際の、換金手数料や振込手数料もかかりません。

換金・交換先一覧

ハピタスで貯めたポイントは1ポイント=1円の分かりやすいレートで、現金やギフト券、電子マネーに交換できます。

交換先 最低交換Pt 交換単位
ポレット(Pollet) 1pt 1pt
Amazonギフト券 490pt 490pt
ビットコイン new 300pt 100pt
楽天スーパーポイント 300pt 100pt
iTunesギフト券 490pt 490pt
nanacoギフト 500pt 500pt
楽天edy 500pt 500pt
WebMoney 300pt 300pt
Bit Cash 300pt 300pt
PeXポイント 300pt 300pt
NetMile 500pt 500pt
Mobageモバコインカード 2,000pt 2,000pt
ドットマネーギフトコード 300pt 100pt
各種銀行/信用金庫/
ゆうちょ銀行
300pt 100pt

基本的には全て1ポイント=1円となりますが、一部例外が存在します。
例えば「Amazonギフト券」はハピタス490ポイントで500円分のギフト券になり、若干優遇されています。

ちょコムポイント終了
ちょコムポイントへの交換は2018年3月19日で終了しました。
ビットコインへの交換開始
2018年3月21日からbitflyerが取り扱うビットコインへの交換が開始されました。

それぞれの交換レートについては次の章で個別に解説します。

また、最低交換ポイントは300ポイントのものが多いのですが、一部500ポイントや2,000ポイントというものがありますのでご注意ください。

ポレット(Pollet)を除いて交換単位も100ポイント以上ですので、5ポイントや20ポイント等の端数を交換することは出来ません。

ANAなどの航空会社のマイルへは直接交換できませんが、ポイント交換サイトである「PeX」や「ドットマネー」を経由することでマイル化することが出来ます。

対応している金融機関
ハピタスでは全ての金融機関への振込が可能で、都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行・ネット銀行・信用金庫・農協など、金融機関コード(全銀協コード)が付与された各種金融機関への振り込みが可能です。

ハピタスのサイト上では交換先の中に「ハピタス堂書店」が含まれていますが、これはハピタスのポイントを使用して「ハピタス堂書店」で本や雑誌が買えるという意味で、厳密には交換ではないので、ここの紹介からは割愛します。

交換レート

各交換先への交換レートは以下の通りとなります。

交換先 交換レート
ポレット(Pollet) 1pt 1円 + 0.5%*1
Amazonギフト券 490pt 500円分
ビットコイン ※ビットコインの販売価格は常に変動しています。
楽天スーパーポイント 100pt 100ポイント
iTunesギフト券 490pt 500円分
nanacoギフト 500pt 500円分
楽天edy 500pt 500円分
WebMoney 300pt 300ポイント
Bit Cash 300pt 300クレジット
PeXポイント 300pt 3,000ポイント
NetMile 500pt 500mile
Mobageモバコインカード 2,000pt 1,940モバコイン
ドットマネーギフトコード 100pt 100マネー
各種銀行/信用金庫/
ゆうちょ銀行
300pt 300円

交換手数料が一切発生しないためハピタスで稼いだポイントは無駄なく交換する事ができます。

等価交換でないものには色を付けてあります。PeXには色を付けていませんが、10ポイント=1円のポイント交換サイトですので、実際は等価交換ということになります。

NetMileは等価交換のようにも見えますが、1mile=0.5円換算ですので価値半減です。

交換できるBTCの目安
ビットコインは常に変動しているので、交換時のレートによります。一応目安としては100ポイント=0.00011062ビットコインです。

交換日数

交換日数はポレット(Pollet)以外はすべて同じで「交換申請の翌日より三営業日以内」となっています。営業日とは土日祝祭日を除いた、月曜日~金曜日となります。

ポレット(Pollet)はスマートフォンアプリで手続きをすると、1~2時間程度でチャージされますので、すぐに使い始めることが出来ます。*2

ハピタスの交換スケジュール

これまで毎月ポイント交換を行ってきていますが、だいたい申請した2日後には交換が完了しています。

ビットコインだけは交換申請から15分以内に反映されます。

注意点
交換申請日が土日祝祭日であった場合は、翌営業日の申請分として手続きが行われます

交換完了までの流れ

交換先 交換完了までの流れ
ポレット(Pollet) スマホアプリからチャージ
Amazonギフト券 ハピタスで申請 メールでギフトコードが届く
Amazonでギフトコード登録
ビットコイン ハピタスで申請 メールで完了のお知らせ
bitflyerのサイトで確認
楽天スーパーポイント ハピタスで申請 メールで完了のお知らせ
楽天のサイトで確認
iTunesギフト券 ハピタスで申請 メールでギフトコードが届く
iTunesでギフトコード登録
nanacoギフト ハピタスで申請 メールでギフトコードが届く
nanacoサイトでギフトコード登録
楽天edy ハピタスで申請 メールで完了のお知らせ
楽天edyギフトで受け取り手続き
WebMoney ハピタスで申請 メールでプリペイド番号が届く
利用サイトでプリペイド番号入力
Bit Cash ハピタスで申請 メールでプリペイド番号が届く
利用サイトでプリペイド番号入力
PeXポイント ハピタスで申請 メールで完了のお知らせ
PeXのサイトで確認
NetMile ハピタスで申請 NetMileのサイトで確認
Mobageモバコインカード ハピタスで申請 メールでPIN番号が届く
利用サイトでPIN番号入力
ドットマネーギフトコード ハピタスで申請 メールでギフトコードが届く
ドットマネーでギフトコード登録
各種銀行/信用金庫/
ゆうちょ銀行
ハピタスで申請 振込口座を確認
ハピタスメッセージ
メールで連絡があるものは、ハピタスサイト上のメッセージでも同じ内容を確認することが出来ます。
メール/メッセージ通知が行われない
楽天銀行を除く金融機関と、NetMile、ちょこむポイントはメールやメッセージによる通知が行われませんので、交換日数を過ぎたら直接口座や交換先サイトで確認するようにしましょう。

交換上限

ハピタスではポレット(Pollet)を除き、月の交換上限が30,000ポイントになっています。

Amazonギフト券に30,000ポイント分交換すると、その月は他のiTunesギフト券やドットマネー等には交換が出来ません。

ポレット(Pollet)だけは別枠になっていて、月に30万ポイント(=30万円分)までチャージすることが出来ます。

つまりポレットを活用すると、月の交換上限は33万ポイント(33万円相当)になります。

具体的な換金方法

ハピタスサイト上の右上に「ポイント交換」というメニューがあり、そこをクリックするとポイント交換ページに移動します。

ハピタスのポイント交換メニュー

この記事でも解説している最低交換ポイントや交換単位などもそれぞれ表示されているので、確認しながら希望の交換先を選びましょう。

ドットマネーに交換する場合

交換先から「ドットマネーギフトコード」を選択し「交換申込み」ボタンをクリックします。

ハピタスからドットマネー交換画面

秘密の質問

交換先でドットマネーを選択すると、秘密の質問が表示されます。回答内容を入力して「回答する」ボタンをクリックします。

ポイント交換時の認証画面

入力間違いに注意
秘密の質問の回答を3回間違えると翌日まで交換ができなくなります。
交換額の選択

氏名と交換額を入力します。ハピタスで初めて交換するときのみ氏名を聞かれますが、2回目以降は初回に入力した内容が表示されていますので、交換額だけ設定すれば大丈夫です。

ポイント交換額の設定画面

確認画面

ここまでに選択、入力した内容が表示されていますので、内容を確認し、問題なければ「本人確認のためパスワードを入力してください」欄にパスワードを入力し「交換する」ボタンをクリックで完了です。

ポイント交換確認画面

メールの確認

3営業日以内に交換完了のメールが届きます。ハピタスサイト上のメッセージでも確認できますが、メールにドッドマネーギフトコードを入手するためのURLが記載されていますので、確認を忘れないようにしましょう。

金融機関に交換する場合

交換先から「各種銀行/信用金庫/ゆうちょ銀行」を選択し「交換申込み」ボタンをクリックします。

ハピタスから金融機関への交換画面

秘密の質問

秘密の質問が表示されます。回答内容を入力して「回答する」ボタンをクリックします。

ポイント交換時の認証画面

振込先金融機関の選択

「よく利用されている銀行」の中から該当の金融機関を選択するか、「50音順検索」のところから希望の金融機関の頭文字をクリックします。

「50音順検索」で金融機関の頭文字をクリックした場合は、金融機関名が一覧表示されるので、該当の金融機関を選択します。

金融機関選択画面

支店名の選択

支店名選択画面

支店名も「50音順検索」になります。

該当する支店名称の頭文字をクリックして、表示された支店一覧から、該当の支店を選択します。

支店名確定画面

支店名の検索
ゆうちょ銀行などで支店名が「一〇八」などの場合、頭文字が「一」であれば「い」で検索しましょう
口座番号の入力と交換額の選択

口座番号入力画面

選択した、振込先金融機関名称と支店名称が表示されていますので、その内容に間違いがないか確認しつつ、口座番号を入力し、交換額を選択します。

口座番号の入力
口座番号は半角の数字7桁で入力しましょう
確認画面及び完了

ポイント交換時の確認画面

ここまでに選択、入力した内容が表示されていますので、その内容を確認し、問題なければ「本人確認のためパスワードを入力してください」欄にパスワードを入力し「交換する」ボタンをクリックで完了です。

ハピタスの換金方法と交換先のまとめ

ここの交換先には名前が出てきませんでしたが、ANAマイルを貯める目的でハピタスを利用している場合、最初の交換先はポイント交換サイトである「ドットマネー」か「PeX」になります。

簡単なのは「楽天スーパーポイント」に交換したものをANAマイルに交換することですが、これでは貯めることのできるANAマイルが大きく減ってしまいます。

せっかく貯めたポイントを無駄にしないように、ちょっと面倒ではありますが、ANAマイルを最大限貯めることができる交換ルートを使いましょう。

ANAマイルへの交換ルートについては、以下をご参照ください。

複数のポイントサイトを併用している人も、「PeX」などのポイント交換サイトに一度集約することで、効率的にANAマイルを貯めることができます。

また、お小遣い目的でポイントサイトをやっている人ですと、直接金融機関に振り込んで現金化するか、電子マネーに変えて日常で使っている人も多いようです。

換金方法・交換方法は一度流れを覚えてしまえば難しくはなく、2~3分で終わってしまう簡単作業ですので、ハピタスで貯めたポイントを、どんどん活用していきましょう。

ハピタスに登録する際は、以下のバナー経由で登録いただくと入会時にボーナスポイントを獲得できます。ぜひご利用ください。

ここから登録でボーナスポイント獲得 !!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

#ポイントサイト#ハピタス#交換

2018-03-25

*1:端数が出た場合は切捨てですので、200円毎に1円のボーナスとなります。

*2:ポレット(Pollet)を使うための事前手続きが完了している必要があります。