ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やお小遣いを簡単に稼ぐ方法など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

必見!こんな人はハピタスを利用しない方がいい

ハピタスは、2007年に「ドル箱」という名称のポイントサービスから開始し、2012年のリニューアルを経て「ハピタス」という名称になりました。

このリニューアルの際に、従来あったクイズや占い、ビンゴなどのゲーム系の要素を一切排除し、ショッピング広告を利用して多くのポイントを稼ぐことができるサービスとして生まれ変わっています。

その結果、掲載されているショッピング広告の数が非常に多くバリーションも豊富です。ひとつひとつの広告案件のポイント還元率も非常に高く設定されています。

そのため、ポイントサイトの利用目的が以下のような人たちからは、大きな支持を得ています。

  • 航空マイルを貯めてビジネスクラスで海外旅行に行きたい陸マイラー
  • お小遣いを稼いでプチ贅沢をしたいサラリーマン
  • 貯金を貯めて家計の足しにしたい主婦

つまり、なるべく最小限の時間で効率的に大きなポイントを得たいと思っている人には、ハピタスは非常にマッチするのですが、その反面、ポイントを稼ぐ楽しさのようなものが存在していません。

ここでは、ハピタスというポイントサイトのデメリットについて解説いたします。

ただし、ハピタスはポイントサイトとしては評価も高く、品質の高いサービスを10年以上提供し続けている老舗ポイントサイトですので、それほど多くのデメリットはありません。

ハピタスを利用する上での注意点

これからポイントサイトを始めてみようという初心者の方にオススメするのは、間違いなくハピタスです。

以下の記事でハピタスのメリットについて詳しく解説していますが、ハピタスはポイント制度もサービスも分かりやすく、あんしんサポートも充実しているので、初めてポイントサイトに取り組もうと思っている方には最適だと思います。

ハピタスのメリットと注意点

特にこれからマイルを貯める陸マイラー活動をしてみようという人には、ハピタスの高い還元率は非常に魅力的に映ることでしょう。

しかしながら、ポイントサイトを始める目的が異なれば、適したポイントサイトも違ってくるかもしれません。

稼ぐことに特化していてお楽しみ要素が少ない

ハピタスで出来ることと言えば、掲載されている広告案件を利用することで、それに見合ったポイントを獲得するだけです。

だけというのは、少々言い過ぎかもしれませんが、実際それ以外の遊びの要素は非常に少ないです。

ハピタスは広告主から依頼のあった広告を掲載し、利用者がその広告を利用することで、広告主から広告宣伝費という収入を得ます。

f:id:urds:20180128210324p:plain

その収入の一部を広告の利用者にポイントとして還元しているのですが、この還元率を他のポイントサイトよりもかなり高く設定しています。

他のポイントサイトでは、利用者がショッピング広告を利用した際のポイント還元率を抑えて、その分を、ゲームなどのお遊びコンテンツを利用者した人に回しているのですが、ハピタスではそのようなことをしていません。

他のポイントサイトではよく見かけるような、1日1回クイズに答えて1ポイントGET。1日1回ビンゴに挑戦して1列揃ったら1ポイントGETというお楽しみコンテンツがハピタスでは用意されていません

獲得できるポイントは決して大きくないものの、ちょっとしたゲーム感覚でポイントを貯めることができるというのは、ポイントサイトを利用する上で欠かせない楽しみかもしれません。

ゲーム感覚でポイントを貯める要素を重要視される方にはハピタスは向いていないでしょう。ハピタスよりもモッピーというポイントサイトの方が向いているかもしれません。

ここから登録でボーナスポイント獲得 !!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

しかし裏を返せば、ハピタスは広告主から得た広告費の多くを、 ゲームなどのポイントに回すことなく広告利用者に還元しているため、広告案件ごとに獲得できるポイント数が他のポイントサイトよりも多くなっているのです。

交換上限毎月3万円に制限されている

ハピタスで貯めることの出来るハピタスポイントは、そのまま持ち続けていても仕方ありません。

ポイントサイトを利用する目的によって、貯めたポイントを何に交換するかは様々ですが、ハピタスでは貯めたポイントの利用目的は以下のような人が多いと思います。

  • ANAマイルへ交換する人。陸マイラー
  • 金融機関に振り込み現金化する人。お小遣い目的や副業
  • Amazonギフト券やTポイントなど他のサービスに交換する人

特に現金収入を増やしたいという目的でポイントサイトを利用される人の場合、隙間時間で月2〜3万稼ぎたいと思っている人と、副業として20〜30万以上稼ぎたいと思っている人では、適したポイントサイトも違ってきます。

ハピタスには毎月の交換上限額が30,000円までという制約があります。

そのため、30,000円以上を現金化するということが出来ません。

月30,000円という交換上限は、ポイントサイトの中でも比較的低めに設定されており、1日3万円というポイントサイトや無制限というポイントサイトまであります。

副業としてそれなりの収入を見込みたい、もしくは今の月収を超える収入を稼ぎ出してみたいと思っている方にはハピタスは向いていません

ショッピング広告案件が豊富で還元率が高く、ポイントを貯めることに関しては他を圧倒しているハピタスであっても、その貯めたポイントが現金化出来ないようでは副業としては成り立ちません。

ハピタスほど案件ごとのポイント還元率は高くなくてもいいから、ポイントを貯めた分だけすべて現金化出来る方が良いという方には、やはりモッピーがおすすめです。

 

ここから登録でボーナスポイント獲得 !!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

もし、プリペイド式電子マネーの「ポレット(Pollet)」を活用できるのであれば、毎月の交換上限は33万ポイントにまで増えます。

ポレットは毎月の交換上限30,000ポイントとは別枠で、毎月30万ポイントまでチャージが可能だからです。

ポレットの詳細については、こちらの記事をご参照ください。

ポレットの詳細について解説しています。

交換上限があるからこその安定したサービス

私としては交換上限というのは、ポイントサイトが健全な運営をしていくために重要なものだと思っています。

モッピーなどは無制限で現金化することができ、ブログなどでも今月は100万円以上の収入がありましたという記事を見かけますが、そこまで稼ぐことが出来るのはほんの一握りの人でしょう。

そのほんの一握りの人が、月にどれだけ現金化したかによってポイントサイトの運営に影響が出てしまう可能性があるよりは、長く継続的に運営してもらった方が一般の利用者としては安心です。

ハピタスが設定している月30,000円という上限は非常に絶妙なラインだと思っています。ハピタスを活用することで毎月10,000〜20,000ポイントぐらいを貯めることが出来ます。

それ以上のポイントを求めようと思うと、ハピタス以外のサービスでさえ、それなりにポイントサイトに対して多くの労力を払わなければいけなくなりますので、普通の人ではなかなか到達できないのではないでしょうか。

それぞれのポイントサイトのメリット・デメリットをしっかり把握して、素敵なポイントサイトライフをお送りください。


ハピタスに登録する際は、以下のバナー経由で登録いただくと入会時にボーナスポイントを獲得できます。ぜひご利用ください。

ここから登録でボーナスポイント獲得 !!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

#ハピタス#マイル#デメリット

2018-02-04