ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やお小遣いを簡単に稼ぐ方法など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

マイルを貯めて旅に出よう!マイルを劇的に貯める方法

あなたの周りでも意外とマイルを貯めている人は多くありませんか?

マイルを貯めるとどんな良いことがあるのでしょうか。

そもそもマイルってなんだっけ?という基本的なことから、マイルの使い方やマイルを劇的に貯める方法までを解説いたします。

まずはマイルの基本情報

まずは、知ってるようで、案外知らない人も多い、マイルの基礎的な情報です。

そもそもマイルとは?

念のため、マイルとはなにかを確認しておきましょう。

ここで言うマイルは航空会社が提供しているマイレージサービスで付与されるポイントのことになります。

楽天市場を利用したら貯まる楽天スーパーポイント、Yahoo!ショッピングを利用したら貯まるTポイントと同じようなものです。

起源は1981年にアメリカン航空が始めた「AAdvantage」サービスが初のマイレージサービスで、低迷していた業績を立て直すために始めた施策となります。

その後、北米の航空会社から順次このサービスが広がっていき、徐々にグローバル化が進む中で航空会社間の競争が激化、アライアンスの締結や提携に伴って全世界へ拡大していきました。

楽天スーパーポイントやTポイントなどと同様に、サービスを利用してくれた人にポイント(マイル)という形で一部還元することで、ライバル他社との優位性を確保し、かつリピーターを増やすことを目的にしているものになります。

我々利用者視点でみると、値引きはサービスを受けた時点ですぐに恩恵を受けられますが、マイルは後から使用することでメリットを発揮しますので、仮に航空会社が破綻してしまった場合は、恩恵は受けられないままとなります。

日本で人気のあるマイル

日本には世界的に有名な航空会社が2社もあります。ご存知「ANA」と「JAL」です。

日本を拠点に航空会社を利用する場合、この2社が最も使い勝手が良いのでマイルとしても人気が高いです。

この2社が提供しているマイレージプログラムが以下の通りです。

  • ANA:ANAマイレージクラブ(AMC)
  • JAL:JALマイレージバンク(JMB)

その他、アメリカの航空会社であるデルタ航空の「スカイマイル」、ユナイテッド航空の「マイレージプラス」も有名です。

ANAマイルとJALマイルのどちらがいいかは好みの問題もありますが、マイルの貯めやすさから言うと、ANAマイルの方が貯めやすいです。

他のポイントより価値が高いマイル

日本で有名な共通ポイントからANAマイルに交換することができますが、その時の交換レートは以下の通りです。

  • 2楽天スーパーポイント1ANAマイル
  • 2Tポイント1ANAマイル
  • 2Pontaポイント1JALポイント
  • 2dポイント1JALポイント

それぞれの共通ポイントは1ポイント=1円として使用できますので、マイルは1マイル=2円相当の価値となります。

ところが、マイルは使い方によっては1マイル=3円や1マイル=10円以上として利用することができます。

元々2円相当の2楽天スーパーポイントを1マイルに交換し、その1マイルが5円相当の価値で利用できれば、楽天スーパーポイントのまま使用するより2.5倍も価値が高まっている計算になります。

これが、マイルの人気が高い理由です。

マイルの有効期限

マイルには有効期限があり、ANAのマイルもJALのマイルも3年が有効期限となります。

しかしANAマイルは東京メトロのメトロポイントと相互交換が可能で、有効期限が切れそうになったら、一度メトロポイントに交換することで延命することが出来ます。

メトロポイントにも2年という有効期限がありますが、2年以内にマイルに戻せばいいので半永久的に有効期限を伸ばしていけます。

メトロポイントとマイルの相互交換を行うためには、ANAと東京メトロが提携して発行しているクレジットカード「ANA To Me CARD PASMO JCB」というクレジットカード、通称ソラチカカードが必要になります。

ソラチカカードについては、こちらの記事で詳細に解説しています。

ソラチカカードのの詳細

ソラチカカード使用時の注意事項
ANAマイルからメトロポイントへの交換は等価交換で100%移行が可能ですが、メトロポイントからANAマイルへは100ポイントが90マイルと交換率90%になり、少しマイルが目減りします。

効果的なマイルの4つの使い方

それでは具体的な使い方から、1マイルの価値が何円相当になるのか見ていきましょう。

せっかくマイルを利用するなら、少しでも価値のある使い方をしたいものです。

ANAマイルとJALマイルでは、使い方が異なる点もありますので、ここでは人気の高いANAマイルを例にして話をすすめますね。

一応説明しておきますと、マイルは航空会社が提供するポイントサービスになりますので、マイルの用途は基本的に飛行機を利用することになります。

飛行機があまりお好きでない方や、旅行に行きたいと思うことがない方にとっては、そもそもマイルを貯めることにはあまりメリットがないかもしれません。

【1】ANA SKYコインに交換する

f:id:urds:20180204192646p:plain

ANA SKYコインとは航空券や旅行商品の支払いに使える電子マネーです。

基本的には1マイルを1コインに交換することができ、大量に交換したりANA会員ステータスによって最大1.7倍に変動します。

つまり、最大で1マイル=1.7コインですね。

SKYコインは1コイン=1円として使用することができます。

SKYコインがあれば、航空券を購入したり、パッケージツアーの代金として支払ったりと様々な用途で使うことができます。

ただ、最大でも1マイル=1.7コイン=1.7円にしかならず、元々の1マイル=2円の価値を下回ってしまうので、おすすめの使い方ではありません。

SKYコインの交換率を高める方法

SKYコインに交換する場合、以下の条件によって交換率を高めることができます。

  • ANA会員のステータスをあげる
  • 一度に交換するマイル数を増やす

f:id:urds:20180204192836p:plain

ANAの会員ステータスをあげる手っ取り早い方法は、ANA提携のクレジットカードを保有することです。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード」のような、ANAのゴールドカード以上を保有していると、有利な条件でSKYコインに交換することが出来ます。

ただし、1度に交換するマイル数が10,000マイル未満ではその恩恵は受けられず、1度に交換するマイル数が多いほど、交換率が高まっていきます

【2】特典航空券を手に入れる(★もっともおすすめ)

マイルを使って無料で国内線および国際線の航空券を手に入れることができます。

マイルを使って手に入れる航空券のことを「特典航空券」と呼びます。特典航空券を手に入れることで国内旅行や海外旅行に無料で出かけることができます

マイルを貯めることで得られる特典としては、特典航空券の入手が最もお得な使い方となります。マイルを貯めている人のほとんどが、特典航空券を手に入れることを目的としています。

特典航空券を手に入れた場合、1マイルの価値は1.5円〜数十円になります。幅が大きいのは、航空券の価格が平日や祝祭日、時期や予約クラスによって変動が大きいからです。

特に年末年始やGW、お盆休みなどの航空券の価格が跳ね上がる時期は、1マイルの価値も大きくなります。

ただ、国内線の特典航空券を手に入れる場合は、目安としてだいたい1マイル1.5円〜2円あたりになりますので、マイルの価値はあまり高くなりません。

詳しくは、こちらの記事でシミュレーションしてますので、ご参照ください。

国内線におけるマイルの価値をシミュレーション

国際線の特典航空券を手に入れる場合は、1マイルの価値がさらに高まり、2.5円〜20円程度になります。 

ひとつ例を見てみましょう。

貯めたマイルで家族でハワイに行く想定

夏休みに家族で海外旅行といえば、人気なのはハワイですね。

特典航空券を手に入れるのに必要なマイル数は時期によっても異なり、8月などの夏休みシーンズはハイシーズンとなり、必要なマイル数も少しだけ多くなります。

飛行機のビジネスクラスはよく利用しますか?普段はエコノミークラスなどの格安航空券でハワイに行っている人も、特典航空券なら無料でビジネスクラスに乗ることができます。

f:id:urds:20180204194804p:plain

この表は日本とハワイの往復で必要なマイル数の表となります。

上の列にあるLRHがシーズンを表しており、L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)になります。

左の行にあるYCFは予約クラスを表していて、Y(エコノミークラス)、C(ビジネスクラス)、F(ファーストクラス)です。

この表を見ると、ハワイ行きの特典航空券ではファーストクラスを取ることが出来ないことが分かります。

また、この表から分かることは、航空券の代金はローシーズンとハイシーズンで3〜4倍の価格差がつくことも多いのですが、特典航空券では必要マイル数は1.2倍程度にしか増えません。

同じくエコノミークラスをビジネスクラスにアップグレードすると航空券の代金は2倍近くになるのですが、特典航空券の必要マイル数は1.5倍程度です。

つまり特典航空券を使う場合、ハイシーズンで予約クラスの高いものの方がより1マイルの価値が高まってくることになります。

さて、ハイシーズンにビジネスクラスでハワイに行くのに必要なマイルは「68,000」マイルです。

たとえば家族3人で行くとすると、204,000マイルですね。 

20万マイルはちょっと多いな〜と思いますか?20万マイルを貯める方法は後ほど説明しますので、まずはこのケースで1マイルの価値が何円になるのか計算してみましょう。

まず、マイルを使わないで普通に航空券を購入した場合の価格を調べてみましょう。

f:id:urds:20180204200516p:plain

大人2人と中学生1人の計3人で1,530,000円です。この航空券が204,000マイルで手に入るわけですから。

マイル単価の計算式
1,530,000円 ÷ 204,000マイル = 7.5円/マイル

1マイルの価値は7.5円と、マイルの価値がかなり高くなりました。

いかがでしょうか。2楽天スーパーポイントや2Tポイントが7.5円として使えるのだと思うとかなりお得ではないでしょうか?

20万マイルあれば、150万以上するビジネスクラスでハワイ旅行が実現できてしまうのです。

ハワイ以外で国際線の特典航空券を手に入れる場合の1マイルの価値については、こちらの記事でシミュレーションしてますので、ご参照ください。 

国際線におけるマイルの価値をシミュレーション

ビジネスクラスに乗ろう!
この例でビジネスクラスをあげているのは、1マイルの価値が高くなるのもありますが、エコノミークラスでは味わえない素敵な旅行体験ができるからです。例えば以下のような特典があります。
  • カードラウンジとは違うビジネス専用ラウンジの使用
  • 預入荷物にPriorityタグが付き最優先で荷物をピックアップ
  • フルフラットシートなどの広いシートで寛いで往復
  • 機内食も特別メニュー
マイル単価の計算式
燃油サーチャージや施設使用料などの諸経費はマイルで払うことができません。この例では「税金・料金等」となっている65,340円はクレジットカードや現金などで支払う必要があります。
国内線の場合は、航空券にすべての諸経費が含まれています。
限られた座席数
特典航空券で乗れる座席数は1便あたりエコノミークラスで7席、ビジネスクラスで2席程度です。ただし会員ステータスが上がると解放される座席数も増えます。
この例であげたホノルル便は特に人気で、時期によりますが申し込みが開始する355日前に一斉に埋まってしまう傾向にあります。
ANA以外の提携会社で特典航空券を手に入れる

ANAはスターアライアンスという世界最大の航空連合に所属していますので、貯めたANAマイルを使って、スターアライアンスの航空会社の特典航空券を手に入れることもできます

JALマイルよりもANAマイルの方が人気が高いのは、JALが加盟しているワンワールドよりスターアライアンスの方が加盟航空会社が多いため、フライト先の選択肢が多いのも一つの要因としてあげられます。

スターアライアンスに加盟している航空会社は全部で29社あり、ANAを含めて以下の通りです。*1

  • ANA [NH]
  • アドリア航空 [JP]
  • エーゲ航空 [A3]
  • エアカナダ [AC]
  • 中国国際航空 [CA]
  • エアインディア [AI]
  • ニュージーランド航空 [NZ]
  • アシアナ航空 [OZ]
  • オーストリア航空 [OS]
  • アビアンカ航空 [AV]
  • アビアンカ・ブラジル航空 [O6]
  • ブリュッセル航空 [SN]
  • コパ航空 [CM]
  • クロアチア航空 [OU]
  • エジプト航空 [MS]
  • エチオピア航空 [ET]
  • エバー航空 [BR]
  • LOTポーランド航空 [LO]
  • ルフトハンザドイツ航空 [LH]
  • スカンジナビア航空 [SK]
  • シンセン航空 [ZH]
  • シンガポール航空 [SQ]
  • 南アフリカ航空 [SA]
  • スイス インターナショナル エア ラインズ [LX]
  • TAPポルトガル航空 [TP]
  • タイ国際航空 [TG]
  • ターキッシュ エアラインズ [TK]
  • ユナイテッド航空 [UA]

また、スターアライアンス以外にもANAが提携している航空会社が11社あります。

f:id:urds:20180204211003p:plain

提携航空会社便でマイルを使用する場合は、シーズンによる違いがありませんので、繁忙期には提携航空会社の方が必要なマイル数が少なくなる場合があります。

先ほどの夏休みのビジネスクラスでのハワイ行きはANA便であれば1人68,000マイルでしたが、提携航空会社便であれば1人65,000マイルで行けます。

ハワイ行きであれば、同じスターアライアンスのユナイテッド航空が日本発着を飛ばしていますので、もしANA便で特典航空券が手に入らない場合は、ユナイテッド航空の特典航空券を狙ってみるのもありかもしれません。

必要マイル数の計算に注意
提携航空会社を使用する場合、日本とハワイのように直行便であればいいのですが、国外で乗り継ぎが発生する場合は、必要マイル数が増えてしまいます。
また、スターアライアンス以外の提携航空会社の場合は、その航空会社の便のみで運行できる場合のみ特典航空券が使用できます。

【3】国際線のシートをアップグレードする

マイルを使うと、エコノミークラスで購入した航空券をビジネスクラスにアップグレードすることもできます。

これも現金などで支払うよりもお得にアップグレードが可能です。

アップグレードに必要となるマイルは最低12,000マイルからとなり、行き先、つまりフライトの距離などにより変動していきます。

まず「区間基本マイレージ」というのを確認します。

たとえば、東京⇔ホノルルの区間基本マイレージは、エコノミークラスであれば2,681です。これも予約クラスの区分によっては異なる場合もありますが、仮にここでは2,681とします。

f:id:urds:20180204202436p:plain

区間基本マイレージが2,681の場合、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードに必要なマイルは18,000マイルとなります。

f:id:urds:20180204202550p:plain

つまり家族3人でハワイに行く場合、54,000マイルあればビジネスクラスにアップグレードすることができます。

先ほどのハワイ行きのビジネスクラスの航空券をエコノミークラスで購入すると、価格は3人で720,000円となり、ビジネスクラスとエコノミークラスの差額は810,000円ということになります。

f:id:urds:20180204211914p:plain

この差額810,000円を54,000マイルで埋められることになりますので、

マイル単価の計算式
810,000円 ÷ 54,000マイル = 15円/マイル

1マイルの価値は15円になり、ビジネスクラスの特典航空券を手に入れるよりお得になります。

年間20万マイルを手に入れるのがどうしても難しい場合は、マイルを貯めてビジネスクラスにアップグレードという使い方もいいかもしれません。

アップグレードの注意点
特典航空券をアップグレードすることは出来ませんのでご注意ください。
また、エコノミークラスからファーストクラスへのアップグレードもできません。

【4】提携のポイントに交換する

提携先は数多く存在します。代表的な提携先ポイントプログラムは以下のとおりです。

  • Suica(ANA VISA Suicaカード会員限定) :10,000マイル=10,000円相当
  • Tポイント :10,000マイル=10,000ポイント
  • 楽天Edy :10,000マイル=10,000円相当
  • 楽天スーパーポイント :10,000マイル=10,000ポイント

交換単位としては10,000マイルからとなり、基本的には1マイル=1円の価値となりますので、マイルの使い道としては最も低い価値となります。

提携ポイントに交換するぐらいであれば、あえてマイルを貯める必要はなく、直接、目的のポイントを貯めた方がお得かもしれません。

マイルを貯めるなら特典航空券を目指す

ここで説明した以外にも、ANAマイルを使ってANA商品と交換したりすることもできますが、やはりマイルの使い道で一番のおすすめは特典航空券を手に入れることです。

それも国内よりも海外、エコノミークラスよりもビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券を手に入れることがおすすめです。

そうなると必要なマイル数も多くなってきますが、ANAマイルはとても貯めやすく、年間20万マイル程度であれば、ほんのちょっと頑張れば貯めることが可能です。

マイルを貯めるということは、航空商品に興味があるということだと思いますので、ぜひたくさんマイルを貯めて海外に行きましょう。

マイルを効率的に貯める方法

さて、それではマイルを貯める方法を解説をしていきます。

マイルを貯める際もJALマイルよりもANAマイルの方が貯めやすいので、ここではANAマイルを貯める方法として解説します。

できれば先ほどの例で解説した、家族で行くビジネスクラスでのハワイ旅行分の往復204,000マイルを貯めたいところです。

なお、ANAマイルの方が人気があるだけに、特典航空券を手に入れる場合もANAの方が手に入れにくい傾向があります。

飛行機に搭乗する

マイルとは航空会社のポイントプログラムですから、飛行機への搭乗回数を増やせば自然とマイルも貯まることになります。

普段から飛行機に乗る機会が多い人であれば、ある程度のマイルが貯まっているかもしれません。

では、例えば飛行機への搭乗でどれぐらいマイルが貯まるでしょうか。

先ほどのハワイの例で見てみましょう。

飛行機をどのように利用するかで獲得できるマイル数が変わりますので、ここでは以下のような条件とします。

  • 東京(成田)⇔ハワイ(ホノルル)往復
  • 座席クラスはエコノミークラス
  • 搭乗ボーナス25%付きのANA提携クレジットカードを保有

f:id:urds:20180204220316p:plain

片道で3,351マイル、往復にすると6,702マイルになります。ANAはファミリーマイルとして家族間で貯まるマイルを合算することも出来ますので、家族3人でハワイに行くと合計20,106マイル貯まる計算となります。

ビジネスクラスやファーストクラスを利用すれば、飛行機に搭乗して得られるマイルはもっと多くなりますが、エコノミークラスでは海外まで飛んでも数千マイルほどにしかなりません。

仮にこのハワイ往復のように1回のフライトで20,000マイル程度を貯められるとしても、20万マイルを超えるには10回以上はハワイに行かなければいけません。

家族で10回ハワイ旅行に行くと、1回ビジネスクラスでハワイに行ける計算になりますが、マイルの有効期限を考慮すると2~3年の内にやりきらないといけないので、なかなか大変です。

マイルを貯めることの基本は飛行機に乗ることなのですが、実はこの方法では効果的にマイルを貯めることは難しいのです。

提携航空会社に乗ってもマイルは貯まる
マイルを貯めると提携航空会社の特典航空券も手に入れられることは説明しましたが、提携航空会社の飛行機に搭乗してもANAマイルを貯めることが可能です。
陸マイラーの存在

飛行機には乗らずにマイルを貯めている人たちのことを「陸マイラー」と呼びます。

私含めて陸マイラーの数は非常に多く、大勢の陸マイラーが飛行機にほとんど乗らずにマイルを貯めて、毎年のように海外旅行に行っています。

飛行機に乗ることで大量のマイルを貯めるのが難しい反面、飛行機に乗らないでマイルを貯めるのは思いのほか簡単なのです。

ここから先は、飛行機に乗らずにマイルを貯める方法となります。

クレジットカードを利用する

クレジットカードを利用した時に貯まるカード会社のポイントを、マイルに交換できるものがあります。

例えばANA提携のクレジットカードであれば、クレジットカード利用で貯めたポイントを有利な条件でマイルに交換することが可能です。

先ほども紹介した「ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード」も、そのようなカードの一つで、基本1,000円利用ごとに10マイルを獲得することが出来ます。

1,000円利用で10マイルだと、マイル還元率は1%となりますが、このカードは使い方によってマイル還元率を大きく高めることができるのが特徴です。

詳しくはこちらをご参照ください。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの紹介

このクレジットカードでどれぐらいのマイルを貯めることができるでしょうか?利用方法をちょっと工夫してマイル還元率が1.3%になっているという前提で計算してみましょう。

年間100万円をクレジットカード決済で利用したとすると、その1.3%では13,000マイルになります。

204,000マイルにはちょっと遠いですね。マイルの有効期限は3年ありますので、3年以内に204,000マイル貯めようとすると、かなりのクレジットカード決済額になります。

必要な年間決済額
204,000マイル ÷ 1.3% ÷ 3年 ≒ 5,200,000円

クレジットカードで年間500万円以上も使える人は、年収数千万円の人に限られてきますので、あまり現実的ではありませんね。

ただ、日常の光熱費などの固定費や普段の買い物などをクレジットカード決済にすることで、年間10,000〜20,000マイルを貯めることは可能だと思います。 

3年で50,000〜60,000マイルを貯めることができれば、まず一人分のハワイ旅行分ぐらいにはなります。 

また、ここではマイル還元率を1.3%で計算しましたが、さらにマイル還元率を上げる方法もありますし、他にもANAマイルが貯まりやすいクレジットカードがいくつかあります。

詳しくは、こちらの記事をご参照ください。 

ANAまマイルが貯まるおすすめクレジットカード

ポイントサイトを活用する

お小遣いを稼ぐことを目的としたポイントサイトというものがありますが、このポイントサイトで貯めたポイントはマイルに交換することが出来ます。

実は先ほど紹介した陸マイラーがマイルを貯めている方法は、マイルが貯まりやすいクレジットカードの利用と、このポイントサイトの活用になります。

例えば、多くの陸マイラーが利用しているポイントサイトに「ハピタス」というサービスがあり、このハピタスを利用することで毎月20,000ポイントほどを貯めることが出来ます

ハピタスで貯めたポイントをマイルに交換することで、何マイルになるかは交換する方法によって違ってきますが、20,000ポイントは10,000マイル〜18,000マイル程度になります。

少なめに見て毎月10,000マイルだとしても年間で12万マイル、2年間で24マイルを貯めることが出来ますので、1年おきに家族でビジネスクラスを利用してハワイ旅行に行くことが出来ます。

私もハピタスを利用しており、年間で20万マイル以上を貯めることが出来ていますので、毎年家族で海外旅行に行っています。もちろんビジネスクラスです。

ハピタスというポイントサイトについては、こちらの記事をご参照ください。ハピタスの基本的な仕組みを解説しています。

ハピタスの基本的な仕組み

まとめ

マイルの効果的な使い方で説明した通り、マイルを貯める魅力は特典航空券を手に入れて国内や海外にほぼ無料で旅行に行くことです。*2

楽天スーパーポイントやTポイントを貯めるのも、もちろん悪くはありませんが、マイルであればもっと簡単に貯めることが出来て、そして貯めた1マイルの価値も高く、旅行という素敵な体験を手に入れることが出来ます。

そしてマイルを効率的に貯める方法はポイントサイトの利用になります。もちろんクレジットカードの使用も併用できるとより効果的です。

ポイントサイトもいくつか種類がありますので、初めてポイントサイトを利用しようとすると、どれをやればいいのか迷ってしまうかもしれません。

ここで、特性の違うオススメのポイントサイトを2つほど紹介致します。

  • 高い還元率で効率的にポイントを貯めるなら「ハピタス
  • ゲームなどで遊びながら楽しんでポイントを貯めるなら「モッピー

マイルを貯めて、お得な旅行を楽しみましょう。

#マイル#ANA#貯める

2018-02-06

*1:ワンワールド加盟航空会社は14社です。

*2:国際線の場合は航空券代に含まれない諸経費は実費でお支払いすることになります。