ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトやANAカードを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

ANAの飛行機に乗って貯めるフライトマイルと具体的事例

#ANA#マイル#貯める

ANAの飛行機に乗ってマイルを貯めるのは基本中の基本ですね。

仕事や旅行でたまたま飛行機に乗った時にマイルが貯まったというのが、ANAマイルを貯めようと思ったきっかけになった人も多いのではないでしょうか?

本記事では、飛行機に乗ることでANAマイルをどれぐらい貯めることが出来るのかの基本的な考え方を、具体的な事例を交えながら解説していきます。

飛行機に乗ってフライトマイルを貯める

フライトマイルは行き先や予約クラスによって貯めることができるマイルの量が違います。

例えば同僚と同じ便で、隣の席に座って同じ目的地に出張したとしても、あなたと同僚とでは、貯まるマイルの量が違うかもしれません

マイルのことをよく知らない人からすると、すごく複雑な状況ですね。

ただ、マイルを貯める計算式は決まっていて、飛行機に乗る前から、貯まるマイルの量を把握しておくことは出来ます。

マイルの基本算定式は以下の通りです。

マイル算定式
「区間基本マイレージ」×「クラス・運賃倍率」+「ボーナスマイル」

ね、意外とシンプルでしょ?

区間基本マイレージ

「区間基本マイレージ」は出発地と到着地で、あらかじめ決められています。

例えば東京(成田/羽田)→札幌(新千歳)で510マイル。

東京(成田/羽田)→ニューヨークで6,723マイルです。

これは、毎年秋にIATA(国際航空運送協会)より発行される「TPM(Ticketed Point Mileage )」を基準にして規程されています。

TPMは日本語では「運賃計算に使用する区間距離」と訳されています。

公式サイトにはこう書かれています。※原文は英語です

58,000都市以上のポイント/マイレージの公式情報です。

TPMは直行便を基準とした距離に応じて計算され、年2回発行されます。

多くの航空会社がこれを採用しているので、どこでもだいたい同じです。

ANAもJALもこのTPMを使用しているので、呼び名は異なっても「区間基本マイレージ」は同じになっています。

クラス・運賃倍率

飛行機のチケットを購入する時は、様々な価格のバリエーションが存在します。

国際線の方が分かりやすいのですが、エコノミークラスとビジネスクラスでは値段が倍以上違いますよね?

また、エコノミークラスもいくつかの種類があり、その種類ごとに価格や購入条件、マイル積算率が変わってきます。

ANAの場合、国内線では「利用運賃」、国際線では「予約クラス」と呼ばれています。

ボーナスマイル

一言で言ってしまうと、ANA会員ステータスによって貯まるマイルです。

たくさんANAの飛行機に乗ると上級会員になり、ボーナスマイルが優遇されます。

クレジットカード機能が付いたANAカードを保有することでも、ANA会員ステータスは上がります。

会員ステータスが高ければ高いほど積算率が高くなるようになっています。

ただし、ボーナスマイルが加算されるのは、ANAグループ運行便かユナイテッド航空運行便のみで、それ以外のコードシェア便の場合は対象外です。

国内線で貯めるフライトマイル

さて、ここまでの説明だけではピンと来ない人も多いはずです。

具体的な例で見てみましょう。

国内線における区間基本マイレージ

国内線においても当然「区間基本マイレージ」は規程されています。

東京発着だけでも行き先が50近くあるので、全てをここに記載できませんが、代表的なところをピックアップしてみました。

東京以外の発着や、他の行き先が気になる方は公式サイトでご確認ください。

区間 区間基本マイレージ
札幌 510
仙台 177
小松 211
名古屋 193
大阪 280
福岡 567
沖縄 984
宮古 1158

国内線の利用運賃

「利用運賃」はプレミアムクラスなどの運賃の高いチケットを買うほど倍率が高くなり、格安ツアー旅行に含まれるような安いチケットでは倍率が低くなります。

利用運賃は以下の通りです。

- 積算率 該当運賃例
運賃1 150% プレミアム運賃、プレミアム小児運賃、プレミアム身体障がい者割引運賃、プレミアム特割・旅割(小児額適用)、プレミアム@Biz、プレミアムビジネスきっぷ
運賃2 125% プレミアム特割、プレミアム旅割28、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃
運賃3 100% 片道運賃、往復運賃、ビジネスきっぷ、小児運賃、身体障がい者割引運賃、介護割引、特割・旅割(小児額適用)、@Biz
運賃4 100% 各種アイきっぷ、プレミアム包括旅行割引運賃、海外乗継割引スペシャル、国際航空券(国内区間)
運賃5 75% 特割1、特割3、株主優待割引運賃、小児株主優待割引運賃
運賃6 75% 特定便乗継割引、乗継特割
運賃7 75% 旅割21、旅割28、旅割45、旅割55、旅割75、乗継旅割、いっしょにマイル割(同行者)など
運賃8 50% 個人包括旅行割引運賃、包括旅行DP割引運賃、訪日包括旅行DP割引運賃、DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)、スマートU25、スマートシニア空割、旅割X
2018年10月搭乗以降
運賃4に「国際線の国内区間」がありますが、2018年10月搭乗分以降はこれが細分化されて、積算率30%となる運賃体系も始まります。

ボーナスマイルは国内線も国際線も同じ

ボーナスマイルは上記までに算出した、区間基本マイレージ×利用運賃の結果に、さらにボーナスマイル積算率をかけた結果で算出されます。

要は、ANA会員様の特別待遇枠です。

ANAのフライトマイル算出方法

ボーナスマイルの積算率は、スーパーフライヤーズカードのゴールドカード、もしくはANAプラチナカードを持っている場合は以下の通りとなります。

ANA会員ステータス 積算率
ANAダイヤモンドメンバー(1年目) 120%
ANAダイヤモンドメンバー(2年目以降) 130%
ANAプラチナメンバー(1年目) 95%
ANAプラチナメンバー(2年目以降) 105%
ANAブロンズメンバー(1年目) 45%
ANAブロンズメンバー(2年目以降) 55%

スーパーフライヤーズカードのゴールドカードも、ANAプラチナカードも持っていない場合は、以下の通りです。

ANA会員ステータス 積算率
ANAダイヤモンドメンバー(1年目) 115%
ANAダイヤモンドメンバー(2年目以降) 125%
ANAプラチナメンバー(1年目) 90%
ANAプラチナメンバー(2年目以降) 100%
ANAブロンズメンバー(1年目) 40%
ANAブロンズメンバー(2年目以降) 50%

ここまではいずれも、ANAのブロンズメンバー以上の場合です。

ANAのブロンズメンバー以上になるためには、飛行機にたくさん乗ってプレミアムポイントを貯めないといけません。

だって、ANAの会員様ですからね。

しかも「特典航空券」を使って飛行機に乗っても、プレミアムポイントは全く貯まりません。

ちゃんとお金を払って飛行機に乗ってくれないとダメだよってことです。

なにせ、ANA会員様ですから。

プレミアムポイントに応じたANA会員ステータス

ただ、ブロンズメンバー以上でないとボーナスマイルが貯まらないというわけではなく、ANAカードを持っていると、そのグレードによってボーナスマイル積算率が適用されます。

ANAカード種別 積算率
ANA一般カード 10%
ANAワイドカード 25%
ANAワイドゴールドカード 25%
ANAプラチナカード 50%
ANA SFC一般カード 35%
ANA SFCゴールドカード 40%
ANA SFCプラチナカード 50%

つまり、たくさん飛行機には乗れなくても、ANAカードの年会費を払ってくれるなら、ANA会員っぽくしてあげますよってことです。

ちなみに、上記表にある「ANA SCF」カードは、ブロンズメンバーを超えて、プラチナメンバーにならないと発行できないカードです。

これらのボーナスマイルの積算率に複数該当する場合は、合算はされませんので積算率の高い方のみが適用されます。

実はANAの上級会員になると、ボーナスマイル以外にも色々と特典を受けられますが、ANAカードを持っているだけの平会員でも、若干の特典は受けられます。

なら、とりあえずANAカードだけでも作ってみるかな~と思ったら、まずは以下の記事をお読みください。なにせANAカードと分類されるクレジットカードは、20種類以上あるものですから。

ANAマイルを劇的に貯めるおすすめANAカード

東京(羽田)〜沖縄(那覇)で貯めるANAマイルの例

ある月に東京(羽田)から沖縄(那覇)を往復するANAの航空券を購入したとします。

東京→沖縄への「区間基本マイレージ」は時期に関わらず984マイルです。

運賃は購入するタイミングや時期によって変動が激しいのですが、例えば以下のような航空券を手配して沖縄を往復したとします。

東京と沖縄往復の飛行機運賃例

普通席の少し日程が先の航空チケットですので、運賃が「旅割75」となっています。

「旅割75」という運賃は、75日前までに予約することで、通常より安い料金で購入できるものです。

「旅割75」で購入した航空券の運賃倍率は、「運賃7」に該当するので75%です。

つまり、984マイル × 75% の738マイルが貯まるということになります。

もしあなたがANAゴールドカードを持っているとすると、さらに25%のボーナスマイルを貯めることができます。

738マイルの25%で184マイルということですね。

以下の通りです。尚、これは片道分の計算ですので、同じ条件で往復すると、この倍のANAマイルが貯まることになります。

東京〜沖縄で貯まるANAマイル
  • 基本マイル
    「区間基本マジレージ」 984マイル × 運賃倍率75% = 738マイル
  • ボーナスマイル
    738マイル × ボーナスマイル積算率25% = 184マイル
  • 合計マイル
    738マイル + 184マイル = 922マイル

東京から沖縄で貯まるANAマイル数

国際線で貯めるフライトマイル

基本的なマイルの貯まり方は、国内線と同じです。

国際線の方が飛行距離が長くなりますので、マイルも多く貯めることができます。

また、国内線と大きく違ってくるのが、コードシェア便です。

ANAの航空券として購入したつもりが、その路線を運行しているのは、ANAと提携関係にある別の航空会社の便ということがあります。

国際線における区間基本マイレージ

国内線と同様に「区間基本マイレージ」が規定されています。

これも東京発着の目的地だけで40以上もあり、すべてを紹介しきれませんので、代表的なところだけ選んでみました。

東京以外の発着や、他の行き先が気になる方は公式サイトでご確認ください。

区間 区間基本マイレージ
ニューヨーク 6,723
ホノルル 3,831
ロンドン 6,214
パリ 6,194
香港 1,823
台北 1,330
シンガポール 3,312
シドニー 4,863

予約クラス

国際線の場合は旅割等がなく、エコノミークラスやビジネスクラスなどの座席シートに連動した「予約クラス」になります。

さらに、エコノミークラスだけでも「Super Value」「Value」「Special」「Basic」「Flex」「Full Flex」と大きく6種類に細分化され、予約の変更やキャンセルによる払い戻しができるかどうかが違ってきます。

一番安い「Super Value」では、予約の変更もキャンセルによる払い戻しも一切できません。

この6種類も、アップグレードの可否や行き先に応じてさらに細分化されて、最終的には10以上の区分に分けられます。

結果、以下のようになります。

グレード 予約クラス 積算率
ファーストクラス F 150%
A 150%
ビジネスクラス J 150%
C、D、Z 125%
P 70%
プレミアムエコノミー G、E 100%
エコノミークラス Y、B、M 100%
U、H、Q 70%
V、W、S、T 50%
L、K 30%

ちょっと種類が多すぎて、訳分かりませんね。

全てを把握するのはなかなか難しいのですが、ANAのサイトで航空券を買う場合は、購入時に事前に確認することができます。

ANAエコノミーの予約クラス

とはいえ「Wクラス」という表記を見て、「あ〜、エコノミーの積算率50%のクラスか〜」と分かる人も少ないでしょう。

さらにこれを、アップグレードしたり、特典航空券で発券すると違う予約クラスになります。

具体的には、O、I、R、X、Nというクラスです。

マイルでアップグレードして、これらのクラスになった場合は、アップグレード前の予約クラスに基づいて、マイル数が計算されます。

特典航空券で発券した場合は、マイルが加算されません。

特典航空券を利用した場合の予約クラス

ボーナスマイルは国内線と同じです

ボーナスマイルの獲得条件は、国際線も同じです。

ANA会員様としてのステータスが高いほど優遇されます。

ANAのフライトマイル算出方法

東京(羽田)〜ホノルルで貯めるANAマイルの例

ある時期に、東京(羽田)からハワイのホノルル空港を往復するANAの航空券を購入したとします。

東京からホノルルへの「区間基本マイレージ」は3,831マイルです。

国際線のチケット代金も時期やタイミングによって大きく変動しますが、例として以下のような航空券を手配してホノルルまでを往復したとします。

東京とホノルル往復の飛行機運賃例

予約クラスが「エコノミーW」となっていますので、クラス別積算率は50%です。

つまり、3,831マイル × 50%の1,915マイルが貯まるわけです。

もしあなたがANAゴールドカードを持っているとすると、さらに25%のボーナスマイルを貯めることができます。

つまり、1,915マイルの25%で478マイルですね。

以下の通りです。尚、これは片道分の計算ですので、同じ条件で往復すると、この倍のANAマイルが貯まることになります。

東京〜ホノルルで貯まるANAマイル
  • 基本マイル
    「区間基本マジレージ」 3,831マイル × 運賃倍率50% = 1,915マイル
  • ボーナスマイル
    1,915マイル × ボーナスマイル積算率25% = 478マイル
  • 合計マイル
    1,915マイル + 478マイル = 2,393マイル

東京からホノルルで貯まるANAマイル数

尚、この例では帰りの予約クラスが「エコノミーH」となっていて、同じエコノミーでも違う予約クラスになっています。

クラスHは、往路のクラスWよりも積算率が高く70%ですので、貯まるANAマイルは3,351マイルになります。

つまり、この航空券で東京とハワイを往復すると、5,744マイルを貯めることができます。

提携航空会社でもANAマイルが貯まる

ANAのマイルを貯めることができるのは、ANA便に搭乗したときだけではありません。

ANAは世界初で世界最大となる航空連合「スターアライアンス」に加盟しています。

スターアライアンス加盟の航空会社はANAを含めて28社あり、その全てのフライトでANAマイルを貯めることができます。

アドリア航空
アドリア航空
エーゲ航空
エーゲ航空
エアカナダ
エアカナダ
中国国際航空
中国国際航空
エア インディア
エア インディア
ニュージーランド航空
ニュージーランド航空
アシアナ航空
アシアナ航空
オーストリア航空
オーストリア航空
アビアンカ航空
アビアンカ航空
アビアンカ・ブラジル航空
アビアンカ・ブラジル航空
ブリュッセル航空
ブリュッセル航空
コパ航空
コパ航空
クロアチア航空
クロアチア航空
エジプト航空
エジプト航空
エチオピア航空
エチオピア航空
エバー航空
エバー航空
LOTポーランド航空
LOTポーランド航空
ルフトハンザ ドイツ航空
ルフトハンザ ドイツ航空
スカンジナビア航空
スカンジナビア航空
シンセン航空
シンセン航空
シンガポール航空
シンガポール航空
南アフリカ航空
南アフリカ航空
スイス インターナショナル エア ラインズ
スイス インターナショナル エア ラインズ
TAPポルトガル航空
TAPポルトガル航空
タイ国際航空
タイ国際航空
ターキッシュ エアラインズ
ターキッシュ エアラインズ
ユナイテッド航空
ユナイテッド航空
 

行き先によってはANAの直行便がない場合もあります。そのような場合にスターアライアンスに加盟している航空会社を使用することでも、ANAマイルを貯めることができます。

予約時にANAマイレージ番号を登録しチェックイン時にANAカードを提示することでANAマイルに積算されます。

ただし、先ほど紹介した「予約クラス」はANAのものですので、各社ごとに異なります。

また、ボーナスマイルが貯まるのは「ユナイテッド航空」のみです。

他社から見ると、ANAの会員ステータスまでは知らないよってことです。

例えば、私もよく出張で利用する「ルフトハンザ ドイツ航空」の場合は、運賃倍率は比較的ANAに似ていますが、格安ビジネスクラスで有名な「中国国際航空」は以下のようになっています。

グレード 予約クラス 積算率
ファーストクラス F、A、P 150%
ビジネスクラス C, D, Z, J, R 125%
エコノミークラス G, Y, B 100%
E, M, U 70%
H, Q, V, W, S, T 50%
L、K 30%

東京〜香港間などは、ANAも中国国際航空も直行便があり、どちらの航空会社を選択することもできますが、貯まるANAマイル数が違ってきます。

上の表では、エコノミーのQクラスの積算率がANAとは異なっています。

中国国際航空で貯まるANAマイル
  • 基本マイル
    「区間基本マジレージ」 1,823マイル × 運賃倍率50% = 911マイル
  • ボーナスマイル
    なし
  • 合計マイル
    911マイル + 0マイル = 911マイル
ANA便で貯まるANAマイル
  • 基本マイル
    「区間基本マジレージ」 1,823マイル × 運賃倍率70% = 1,276マイル
  • ボーナスマイル
    1,276マイル × ボーナスマイル積算率25% = 319マイル
  • 合計マイル
    1,276マイル + 319マイル = 1,595マイル

運賃倍率やボーナスマイルの違いによって684マイルの差が出ます。

香港に行くのであれば中国国際航空の方が航空運賃は安いです。

試しに2ヶ月先の香港往復の航空運賃を調べてみたら、中国国際航空が38,749円、ANAが54,927円でした。*1

中国国際航空は38,749円で往復1,822マイルが貯まります。これは、1マイルあたりの価格が約17.2円ということになります。

一方ANAは54,927円で往復3,190マイルが貯まります。こちらは、1マイルあたりの価格が約21.3円になります。

つまり、一見するとANA便を使用した方が、ANAマイルを多く貯めることができるのですが、その分支払う航空運賃代も高くなりますので、1マイルの購入価格では中国国際航空の方がお得だったりします。 

なるべく安く旅行や出張に行くという目的の場合は、航空運賃の安い方を選択することになりますが、ANAマイルを貯めるという目的も追加すると、ちょっと見方が変わってきますね。

また、スターアライアンス加盟航空会社以外にも、ANAが独自に提携しANAマイルを貯めることができる航空会社があります。

エア ドロミティ マカオ航空
エティハド航空 ユーロウィングス
ガルーダ・インドネシア航空 ジャーマンウィングス
ジェットエアウェイズ フィリピン航空
ヴァージン アトランティック航空 ベトナム航空
ハワイアン航空*2  

これらの航空会社も運賃倍率はANAとは異なります。

スターアライアンスと比べて条件が悪い訳ではありませんので、行き先に応じて上手に使い分けることになるでしょう。

スターアライアンスとその他提携航空会社を使えば、日本発着で多くの行き先をカバーできます。

ここに挙げた以外の航空会社を使用しても、ANAマイルを貯めることはできませんので、上手に使いこなして効率的にANAマイルを貯めるようにしましょう。

ANAフライトマイルシミュレーション

フライトで貯まるマイル数の算出は、ANAのウェブサイトでも計算することができます。

行き先や利用しているANAカードの種別、ANAメンバーのステータスなどを選択することで、自動的に貯まるマイル数を算出してくれます。

ANAフライトマイルシミュレーション

秋頃にドイツに行くとします。利用しているANAカードやANA会員ステータスを選択し、出張で行きますので予約クラスはエコノミークラスです。

注意点として乗り継ぎには対応していません。

例えば関空→羽田→フランクフルトとフライトする場合は、まず関空→羽田でのANAマイル数を算出し、さらに羽田→フランクフルトで算出したANAマイル数を合算する必要があります。

また、ANA運行便以外を利用する場合は、このシミュレーションではANAマイル数の算出ができません。

ただ、「区間基本マイレージ」は同じですので、予約クラスの積算率を提携航空会社の運賃倍率に合わせることで、貯まるANAマイル数の目安を出すことは可能です。

このように適宜選択することで、このフライトで貯めることができるANAマイル数を算出することができます。

ANAフライトマイルシミュレーションでの算出結果

ANAマイルの事後登録

スターアライアンス以外の提携航空会社を使用する場合、事前にANAマイレージ番号を指定できない場合があります。

この場合は、フライト3日後〜6ヶ月以内であれば事後登録することで、ANAマイルを後から貯めることも可能です。

事後登録の方法はANAウェブサイトにログイン後、「マイメニュー」の中にある「国際線事後登録」もしくは「「提携航空会社事後登録」から実施できます。

ANAマイルの事後登録画面

事後登録でANAマイルを貯める詳しい手順はANA公式サイトに掲載がありますので、そちらをご参照ください。

まとめ:フライトでANAマイルを貯める

フライトマイルを貯める基本の計算式は以下の通りでした。

  • 「区間基本マイレージ」×「クラス・運賃倍率」+「ボーナスマイル」

「クラス・運賃倍率」は、国内線の場合は「利用運賃」、国際線の場合は「予約クラス」になります。

また、ボーナスマイルはANA運行便かユナイテッド便のみで付与されます。

ボーナスマイルはANA会員ステータスによって積算率が違ってくるので、グレードの高いANAカードを保有しておくと、マイルが貯まりやすいです。

これぐらい理解しておけば、何も知らないよりは断然有利にANAマイルを貯めていくことができるのではないでしょうか。

年1回家族のハワイ旅行で貯まるマイル
エコノミークラスでハワイを往復すると6,000マイル弱でした。
家族4人でハワイ旅行をして貯めることのできるマイルは約24,000マイルです。

#ANA#マイル#貯める

2018-04-27

*1:航空運賃は大きく変動しますので、参考価格ですよ。

*2:ANAとハワイアン航空(HA) は2018年3月14日(水)をもってコードシェアおよびマイレージ提携が同時に終了になります。