ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトやANAカードを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

ANAの運賃体系とルール変更のポイント【2018年】

#ANA#マイル#運賃体系

ANAから国内線の運賃体系や特典航空券のルール変更に関するお知らせがありました。

ん?特典航空券のルールが変わった?なんだろう?

特典航空券を目指してANAマイルを貯める身としては、気になるところです。

公式サイト<新しい運賃始まる。>

リリース日が2018年3月22日ということで、ちょうどピーチとバニラ・エアの統合が発表された日と同じ日です。

運賃体系変更も、ANAグループ全体としての収益構造の見直しの一環として、行われているものになります。

公式サイトに掲載されている、主な変更点は以下の通りです。

  • 国内線運賃のリニューアル
  • 販売期間の拡大
  • 特典航空券ルールの変更
  • 航空券ルールの変更

ANAが新しい運賃体系を発表

順に見ていきましょう。

国内線運賃のリニューアル

2018年10月28日搭乗分から、運賃体系が変更になります。

これまでの運賃体系が横文字になりましたね。

  • 片道・往復運賃 「ANA FLEX」
  • 特割 「ANA VALUE」
  • 旅割 「ANA SUPER VALUE」

これまで「旅割75」とか「旅割55」と呼ばれていたものは、そのまま「ANA SUPER VALUE 75」や「ANA SUPER VALUE 55」に置きかわります。

運賃体系の基本的な考え方はこれまでと同じです。

「ANA FLEX」は新しく登場した運賃体系です。

空席予測数に連動して「ANA SUPER VALUE」が最も安く、「ANA FLEX」が最も高くなります。

公式サイトに掲載されている以下の図が分かりやすいです。

ANA FLEX / ANA VALUE / ANA SUPER VALUE の運賃イメージ

おそらくですが「FLEX-A」などは、これまでよりもかなり高いチケットになることが想定されます。

最も影響を受けるのは出張族だと思います。

国内出張が2ヶ月前から予定が組まれていることも稀なので、1週間前や場合によっては前日に急いでチケットを手配することもありますからね。

そのような時は、今までよりも高くなるかもしれません。

ま、会社のお金ですけど。

販売期間の拡大

新しくなった運賃体系の「ANA FLEX」 は、チケットの販売開始時期が355日前からになります。

これまで「ANA FLEX」に相当していた普通運賃チケットは2ヶ月前発売でしたので、半年以上前に前倒しです。

なんと「ANA SUPER VALUE(旅割)」や「ANA VALUE(特割)」よりも先に販売が開始されます。

販売期間の拡大について

これまでは「運行ダイヤ確定時期」に旅割などの格安チケットが発売され、2ヶ月前になると普通運賃チケットが買えました。

これからは、一足早く355日前から普通運賃チケット(ANA FLEX)が買えるようになり、その後、「運行ダイヤ確定時期」になると格安チケットが買えます。

予想されることは、355日前からお高めの「ANA FLEX」を先に販売することで、空席予想数が少なくなった場合、「SUPER VALUE」などの格安チケットの販売が少なくなることでしょう。

これにより、ANAとしては格安チケットの販売数を最低限に留めることができます。

私達利用者は、格安チケットを手に入れる機会が減るかもしれませんね

特典航空券のルール変更

上の図にも出ていますが、特典航空券の予約開始時期が、これまでの2ヶ月前から「運行ダイヤ確定」時に変わりました。

運行ダイヤ確定時期は、これまでの旅割や特割などの発売時期と同じで、最大で半年前から予約が可能になります。

利用者としては、帰省などで国内線を利用する際に、特典航空券を入手できればそれを利用し、もし利用できなければ「SUPER VALUE」を購入するという柔軟な対応がしやすくなりました。

また、特典航空券の変更が従来まで搭乗日の4日前までだったのが、前日まで変更が可能になっています。

航空券ルールの変更

航空券の有効期間が従来の90日から1年になりました。

これによって、予定していたフライトを変更したい場合、購入日から1年先までの期間で変更ができるようになります。

予定していた帰省や国内旅行などが、仕事の都合でどうしても変更しなければいけない場合には、便利になりますね。

まとめ:ANAの運賃体系とルール変更のポイント

細かい内容は割愛していますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

今回の変更点は、利用者に対するアメとムチがいい感じで混在しているものになります。

ANAとして今回の変更の本命は「ANA FLEX」の導入でしょう。

そして、この「ANA FLEX」の販売時期を、格安チケットよりもかなり前から始めることで収益増大が見込めます。

国際線と同様に、空席予想数に応じて普通運賃のチケットを早い時期から売りさばけますので、時期や時間帯によっては、旅割や特割の設定をこれまでよりも少なくすることができるようになるでしょう。

当然利用者としては、格安チケットを手に入れる機会が減りますので、その不満を抑える形で特典航空券と航空券のルールを、利用者にとってメリットがある方へ改善したという感じですね。

国内線の特典航空券を手に入れるつもりでANAマイルを貯めている人や、帰省や旅行などで国内線を使う機会が多い人は、注意が必要ですね。

#ANA#マイル#運賃体系

2018-03-26