ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトやANAカードを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

ANAアメックス・ゴールドカードを作ってマイルを貯める【2018年5月最新】

#ANA#マイル#クレジットカード

ANAアメックス・ゴールドカードは、「ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカード5枚」でも紹介している、陸マイラーにおすすめのクレジットカードの内の1枚です。

正式名は「ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」と言います。

それでは少々長いので、本記事では「ANAアメックス・ゴールドカード」で解説していきます。

これ以上省略すると、何のカードか分からなくなってしまいますからね。

この、ANAアメックス・ゴールドカードは、ANAカードの中では「ANA VISAワイド ゴールドカード」に次いで人気のカードになっています。

特にこのカードの嬉しいところは、ポイント有効期限が無期限なところです。

長期的にマイルを貯めることができますし、もちろん、アメックスが持つトラベル特典も充実しています。

ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカード5枚

ANAアメックス・ゴールドカードを作り、たくさん利用することで多くのANAマイルを貯めることができるでしょう。

しかし、せっかくですので、このクレジットカードを作る段階でも、多くのANAマイルを貯めたいと思いませんか?

本記事では、ANAマイルを貯めつつお得にANAアメックス・ゴールドカードを作成する方法を解説していきます。

ANAアメックス・ゴールドカードの入会キャンペーン概要

このクレジットカードを新たに発行することで貯まるマイル数は、トータルで53,620マイルになります。

結構なマイル数ですね。

内訳としては以下の通りです。

  • マイ友プログラム → 2,000マイル
  • ハピタス入会ボーナス → 時価
  • ハピタス経由で発行 → 1,620マイル
  • アメックス入会ボーナス → 2,000マイル
  • 3回利用ボーナス → 2,000マイル
  • 金額達成ボーナス → 39,000マイル
  • 通常ポイント分マイル → 7,000マイル

2018年5月現在、ハピタスでは新規入会キャンペーンは小休止中です。

当サイトからの紹介で入会ボーナスをGETすることはできますが、キャンペーン時ほど多くはもらえませんので、現状では「時価」として、計算には含んでいません。

キャンペーンを利用する手順は以下の通りです。

  1. [ANA] マイ友プログラムに登録
  2. [Hapitas] ポイントサイトに登録
  3. [Hapitas] ポイントサイトの広告経由でクレジットカードの申し込みを行う
  4. [AMEX] カードが届いたら1ヶ月以内に3回利用する
  5. [AMEX] さらに3ヶ月以内に30万円以上利用する
  6. [AMEX] 余裕があれば3ヶ月以内に70万円以上利用する

いっぱいありますよね。

1番〜3番は「ANAマイルを4重取りする方法」でも解説している内容になります。

ANAマイルを4重取りするおすすめの方法

ANAアメックス・ゴールドカードの概要

ANAアメックス・ゴールドカード

まずはこのクレジットカードの基本的な特徴だけ、先に解説いたしますね。

年会費は安くはない

年会費は税別で31,000円もかかります。さらに家族カードも税別で15,500円しますので、夫婦で持つと46,500円と、それなりの金額になります。

これはANAゴールドカードの中では最も高い年会費です。

同じANAゴールドカードである「ANA VISAワイド ゴールドカード」では、年会費は最安で9,500円になることを考えると3倍以上の年会費です。

この年会費の差は、アメックスブランドであることと、付帯される特典の差になります。

後ほど改めて解説しますが、年会費に見合うだけの価値があるかどうかは、人により判断が大きく異なってきます。

あなたなら、どう判断するでしょうか?

ポイントが無期限で貯められる

「ANA VISAワイド ゴールドカード」では、ポイントの有効期限は3年です。

しっかりANAマイルを貯めるクレジットカード選び」でも解説していますが、クレジットカードの一般的な利用で貯めることができるマイルは、年間1〜3万マイルほどです。

有効期限が3年あれば、期限内に9万マイルも貯めることができます。

9万マイルあればアメリカでもヨーロッパでも、好きなところにビジネスクラスで旅行することが可能です。

しかし、うっかり3年を過ぎてしまうとマイルが消失してしまう恐れもあります。

その点、このカードはポイントの有効期限が無期限ですので、うっかりさんでもマイルが期限切れになってしまうことがありません。

その為、マイルの貯まり具合によっては10年以上の長期間に渡って貯め続けることも可能です。

うれしいことですね。

ANAマイル還元率は最大3%

このクレジットカードを決済利用することで、100円ごとに「メンバーシップ・リワード・ポイント」が1ポイント貯まります。

1ポイント=1ANAマイルですので、100円利用するごとに1ANAマイルを貯めることができるわけです。

ANAマイル還元率は1%と、ANAカードとしては普通です。

しかし、ANAグループ内での決済に使用した場合はちょっと変わってきます。

例えばANAの公式ウェブサイトから航空券を購入した場合には、もらえるポイントが2倍になる上に、直接ANAマイルも貯まります。

100円の利用で3ANAマイルを貯めることができるので、マイル還元率は3%と驚異的な数字になります。

ANAグループ内という限られた場合のみですが、マイル還元率3%は「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」すら上回ります。

もしあなたが、ANAの航空券を購入する機会が多いようでしたら、このカードを利用することで、かなりのマイルを貯めることができるでしょう。

逆に言うと、航空券の購入よりも日常の決済の方が多いかな、ということでしたら「ANA VISAワイド ゴールドカード」の方が、多くのマイルを貯めることが出来るかもしれませんね。

アメックスカードを持っているとちょっとかっこいい

ANAアメックス・ゴールドカードに限らず、アメックス系のカードは世界的な認知度が非常に高いです。

そのため、アメックスの、しかもゴールドカードを持っているということだけで、それなりの社会的地位にある人だと見なされることが多いです。

いわゆるブランド力です。

特にこのブランド力は海外に出たときに威力を発揮します。

それにより直接的な利益を得ることが多いとは言えませんが、ひとつの憧れとしてアメックスカードを持ちたいと思っている人は非常に多いです。

アメックスならではの充実した特典

アメックスの大きな特徴は付帯される特典が充実しているという点にあります。

ちょっとしたセレブ気分を味わえるでしょう。

アメックスが提携している空港ラウンジが使えたり、手荷物を無料で宅配してくれたりもします。*1

ショッピングプロテクションが付いているので、購入した物が壊れてしまっても安心です。

急な用事で旅行に行けなくなった時のキャンセル費用も補償してくれます。

また、海外旅行傷害保険の内容も充実しています。

例えば怪我や病気の時の補償は300万円も付いています。

300万円あれば充分かと言われれば微妙ですが、ゴールドカードの中では補償は大きいです方です。

同じANAゴールドカードでも「ANA VISAワイド ゴールドカード」は150万円ですからね。

使う上での注意点もあり

もちろん良いことばかりでもありません。

VISAやMasterCardに比べると、利用できるお店の数が少ないのが難点です。

お店での支払いをクレジットカード払いにしても、支払い金額は増えたりしませんよね?

一般的には現金で購入した場合とカード払いとで、金額を変えてはいけないという取り決めが、カード会社とお店で取り交わされています。

ですので、カード払いの場合は別途手数料がかかったり、現金払いの場合のみ割引されるようなお店があれば規約違反を犯している可能性が高いです。

私達利用者がクレジットカードを使っても支払い金額が増えないのだとすると、カード会社はどうやって儲けているのでしょうか?

実は、お店が手数料を負担しています。

この手数料は月額いくらという固定値だったり、クレジットカード利用ごとだったり、決済金額に応じて発生します。

そしてアメックス系は、このお店側が負担する手数料がVISAやMasterCardと比べて高めに設定されています。

当然、手数料分だけお店の利益が減ってしまいますので、VISAやMasterCardは取り扱うけどアメックスは勘弁してというお店が多いのです。

高級店などではアメックスの取り扱いもあまり問題ないのですが、私が行くような庶民的なレストランやお土産物屋さんなどでは、アメックスが使えないことが多いです。

そのため、ANAアメックス・ゴールドカードの他に、VISAやMasterCardブランドも合わせて持っておくことをおすすめします。

キャンペーンを活用してマイルを貯める

さて、ではANAアメックス・ゴールドカードを作る時に利用できるキャンペーンについて解説していきます。

解説するキャンペーンは以下3つです。

  • マイ友プログラム
  • ポイントサイト活用
  • アメックス入会キャンペーン

最初に取り損ねてしまうと、後からはどうにも出来ませんので、しっかり確認していきましょう。

マイ友プログラムに事前登録してマイルを貯める

紹介でマイルをプレゼント

マイ友プログラムというのは、ANAが展開している紹介キャンペーンです。

既にANAカードを持っている人の紹介で申し込むと、入会後にANAマイルを獲得できます。

紹介経由でANAアメックス・ゴールドカードを申し込むと、紹介マイルとして2,000マイルがもらえます。

ANAアメックス・ゴールドカードは紹介マイルとして2,000マイルがもらえる

マイルをもらう方法は簡単で、ANAカードを申し込む前に紹介申込者用ページから、紹介者の氏名(カタカナ)と紹介番号を入力するだけです

具体的な手順も含めて解説していきますね。

その前に、注意点もあります。

マイルのプレゼントは、ANAカード、ANAプリペイドカード、ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードそれぞれお一人様1回のみ対象になります。

つまり、すでに他のANAカードを持っている場合は、このキャンペーンの対象にはなりませんので、ご注意ください。

まず紹介申込者用ページに移動したら、紹介者情報として、以下を入力してください。

紹介者(姓):ヤマグチ

紹介者(名):タカヒロ

紹介者番号:00031700

その後、あなたの氏名をカタカナで入力し、生年月日を選択します。

ANAカードのマイ友紹介プログラム

入力内容の確認画面が表示されます。

確認の上、「登録する」ボタンをクリックして完了です。

マイ友プログラム確認画面

以下のような画面が表示されればOKです。

マイ友プログラム完了画面

マイ友プログラムへの登録は非常に簡単で、あっという間に終わります。

この後、ANAアメックス・ゴールドカードを申し込めば、紹介に伴うANAマイルとして2,000マイルをもらうことができます。

ここで登録した氏名と生年月日が、ANAカード申込時の氏名、生年月日と一致していたら、有効判定されるようです。

ちなみに、あなたが「マイ友プログラム」で申し込んだことや、あなたの氏名など一切私には伝わってきません。

紹介した私も、あなたと同じようにマイルがもらえるのですが、いつの間にか通帳に記入されているだけです。

マイ友プログラムによる加算マイル

「よ〜し、じゃあ早速ANAカードに申し込もう!」...もうちょっと待ってください。

くれぐれも、マイ友プログラム完了画面にある「ANAカードにご入会の方はこちら」ボタンを押して進まないようにしてください。

まだクレジットカード作成時にANAマイルを貯める方法があります。

もう少し、この記事を読み進めてみましょう。

ハピタスを活用してマイルを貯める

ANAアメックス・ゴールドカードに限らず、クレジットカードを発行するときにはポイントサイトの活用がおすすめです。

ハピタスなどのポイントサイトを利用することで、他でもらえる予定だったマイルがもらえなくなることはありません。

クレジットカード発行は、ポイントサイトの中でも比較的多くのポイントを稼げる案件になります。

そして、ポイントサイトで貯めたポイントもマイルに移行することが出来ます。

一応、私がおすすめするポイントサイトは「ハピタス」ですが、他にも有名なポイントサイトはいくつかあります。

ハピタス以外では「モッピー」や「ちょびリッチ」などが大手どころとして有名ですので、どこのポイントサイトでANAアメックス・ゴールドカードを発行するのが一番ポイントが大きいか比較してみるのも良いでしょう。

まずは何はともあれポイントサイトへ登録する必要があります。

ポイントサイトへの登録もお得に

以下のリンクから登録することで、それぞれのポイントサイトで登録ボーナスがもらえますよ。

登録は非常に簡単です。不安だな〜と思う方は、こちらをご参照ください。

ハピタスの登録方法を図解で解説

登録が終わったら、サイトの検索するところに「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と打ち込んで検索します。

ハピタスでの検索画面

すると、以下のような画面が出てきます。

f:id:jiwajiwakuru:20180509112331p:plain

この画面の下の方にスクロールすると、ポイント獲得条件や反映されるまでの日数などの詳細情報が記載されています。

ANAアメックス・ゴールドカードのポイント獲得条件は以下の通りです。

  • 獲得ポイント数 2,000ポイント
  • ポイント獲得条件 新規にカードを発行する
  • ポイント獲得日数 カード受け取り後約90日

無事審査が通って発行さえ出来てしまえば、そのカードを使っても使わなくてもポイントがもらえます。

2018年5月現在で獲得できるのは2,000ポイントです。

ハピタスで貯めたポイントは最大で81%の交換率でANAマイルに交換できますので、2,000ポイントは1,620マイルになります。

このページにある「ポイントを貯める」ボタンをクリックすると、公式サイトに遷移します。

そのままクレジットカードの申込みを進めて完了するだけです。

カード発行時の審査
紹介プログラムでもポイントサイト経由でも、クレジットカード発行に伴う審査は同じように行われます。万が一審査に引っかかって発行できない場合はポイントは獲得出来ませんのでご注意ください。

ポイントサイトがどういう仕組みなのか、どれぐらいマイルを貯めることができるのか、どう活用すればいいのか、すべて詳細に解説していますので、一度、以下の記事を読んでみてください。

ポイントサイト「ハピタス」で大量のANAマイルを貯める方法

ポイントサイトの入会キャンペーンでポイントを貯める

ポイントサイトによっては紹介キャンペーンを行っていて、入会時にもらえるボーナスポイントが大幅に増えていることがあります。

当然、この入会時にもらえるボーナスポイントもANAマイルに交換することができます。

以下の記事で、定期更新で各ポイントサイトのキャンペーン情報を取りまとめています。

ポイントサイトの入会キャンペーン情報

アメックスの入会キャンペーン

ANAアメックス・ゴールドカードの入会キャンペーン

マイ友プログラムに事前登録し、ハピタス経由でクレジットカードを発行し、審査が無事通ったら手元にカードが届きます。

だいたい申し込みしてから手元に届くまでは2~3週間ぐらいです。

アメックスでは、入会と3ヶ月間の利用で、最大50,000マイルを貯めることができるキャンペーンを行なっています。

キャンペーン期間は、2018年10月2日(火)の申し込み分までとなります。

50,000マイルの内訳は以下の通りです。

尚、ANAマイルが貯まる場合とメンバーシップ・リワード・ポイントが貯まる場合がありますが、先ほど説明した通りメンバーシップ・リワード・ポイントは1ポイントが1ANAマイルになるので、以降の説明は全てマイルで統一していきますね。

入会ボーナスマイル

入会するだけで無条件で2,000マイルが貯まります。

また、継続するごとに継続ボーナスとして、同様に2,000マイルが貯まりますので、持っているだけでも毎年2,000マイルずつ増えていくことになります。

カード利用3回達成ボーナス

このカードが届いた後、1ヶ月以内に3回使用することで2,000マイルが貯まります。

これは回数のみですので、使用金額に指定はありません。

ただし、ポイントの基本前提が100円=1ポイントですので、100円以下の利用ではカウントされません。

ですので厳密に言えば、100円以上のお買い物を3回ということになります。

カード利用金額達成ボーナス

どちらかと言えば、意識したいのはこちらです。

3ヶ月以内に30万円以上利用すると6,000マイルが貯まります。

このクレジットカードをメインカードとするのであれば、毎月10万円以上することは難しくないのではないでしょうか。

また、3ヶ月以内に30万円を超えて70万円以上の利用となると、さらに33,000マイルを貯めることができます。

つまり3ヶ月以内に70万円以上の利用で、合計39,000マイルも貯まります。

非常に太っ腹なキャンペーンに見えなくもないですが、3ヶ月で70万円ということは毎月23.3万円以上です。

年間300万円ほどをクレジットカード決済で使っていくペースになるので、これがちょっと大変かもしれません。

「ちょうどこれから、家族で海外旅行に行くためのチケットを買うところだった」

という場合でしたら、良いかもしれませんね。

いっそのこと、ビジネスクラスでハワイ旅行とかを企画すると、簡単に100万は超えますからね。

キャンペーンでもらえるマイルは魅力的ですが、無理のないように計画的にご検討ください。

通常ポイント分のマイル

ちょっとこれがキャンペーンの内訳に入っているのは、ずるいような気もします。

これは、上記の3ヶ月以内で70万円以上を使うを達成すると、70万円分の利用に対して7,000マイルが貯まります。

100円利用で1マイルでしたからね。

つまり、これはキャンペーン関係なく貯まるマイルです。

この7,000マイルを加算しておかないと、3ヶ月以内に70万円以上利用かつ3回以上の利用で43,000マイルとなるので、キリが良くなかったのですかね。

入会キャンペーンのまとめ

本記事で紹介したキャンペーン情報を知らなかったとしても、入会時ボーナスの2,000マイルはもらうことが出来ます。

しかし、マイ友プログラムやハピタスを利用することでさらに数千マイルを貯めることが出来ますし、カード決済を多く利用することで数万マイルを貯めることも可能です。

ただし、マイ友プログラムは初めてANAカードを作るときだけ、しかも申し込み前に登録しなければいけません。

ハピタスもクレジットカード申し込みをハピタス経由にするだけですが、後から気がついても手遅れです。

利用回数や利用金額も期間が決まっているので、知らないでいるといつの間にか期間が過ぎてしまっているでしょう。

ただ、知っているか、知らないか、だけの差で数万マイルを取り逃がすこともあります。

ANAアメックス・ゴールドカードを作る際にキャンペーンなどをうまく活用することで貯めることのできるANAマイルは53,620マイル以上です。

これだけで台北やマニラにビジネスクラスで行けるだけのマイルが貯まります。

実際、ANAアメックス・ゴールドカードを日常のクレジットカード決済で53,000マイルも貯めるには530万円以上の利用が必要です。

なかなか1年で貯めるのは難しいマイル数ですよね。

つまり、キャンペーンをうまく活用することで530万円分のマイルを一気に貯めることが出来てしまうわけです。

このカードを作る際には、本記事で解説した各種キャンペーン情報を見逃さないよう、確実にマイルを貯めていきましょう。

#ANA#マイル#クレジットカード

2018-05-09

*1:残念ながら羽田空港は対象外です。