ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトやANAカードを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

ANAマイルを貯める。陸マイラーが得する。nimocaカードの解説

#nimoca#ANA#マイル

ANA陸マイラーには、忘れられない日になってしまったのが2018年3月31日ですね。

そう、ソラチカルート閉鎖のXデーでした。

今まで、ハピタスなどのポイントサイトで貯めたポイントは、ソラチカルートを使ってANAマイルに交換するのが常識のようになっていました。

そんな半ば常識だったソラチカルートが無くなったからと言って、我々陸マイラーは悲観にくれているわけにはいきません。

新しいANAマイル交換ルートを使って、これからもマイルを貯め続けていくでしょう。

だって、毎年ビジネスクラスで海外旅行に行きたいですもんね?

本記事では、ハピタスで貯めたポイントを、ANAマイルに交換するための有力ルートである「nimoacルート」と、そのルートを開通させるために必要となる「ANA VISA nimoca カード」について解説いたします。

ANA VISA nimoca カードの基本スペック

まずは、nimocaルートを使っていくために必須となる「ANA VISA nimocaカード」の基本情報について解説します。

ANAマイルを貯める「ANA VISA nimoca カード」

「ANA VISA nimocaカード」は、ANAと交通系ICカード「nimoca」を発行している株式会社ニモカが提携し、三井住友カードが発行しているクレジットカードです。

ソラチカカードと同様に、陸マイラーを強く意識したクレジットカード機能を備えていてます。

最も大きな特徴は、nimocaポイントからANAマイルへの移行を、交換率70%という高いレートで交換できるところにあります。

ソラチカカードに酷似
同じANA一般カードということもありますが、このカードの基本スペックはソラチカカードに非常によく似ています。

入会資格

高校生を除く満18歳以上となってます。

審査はあまり厳しくないでしょう。

このカードには上位のゴールドカードやプラチナカードに相当するものが存在せず、一般カードのみになります。

年会費

初年度年会費は無料です。2年目以降は税抜2,000円の年会費が発生します。

また、家族カードも発行でき、家族会員の場合は2年目以降は税抜1,000円の年会費になります。

ETCカード

ETCカードも無料で発行でき、初年度は年会費も発生しません。

1回以上の利用実績があれば2年目以降も年会費は無料です。利用実績がない場合は税抜500円になります。

付帯保険

一般カードですので、それほど充実しているとは言えません。

海外旅行傷害保険が最高1,000万円、国内航空傷害保険で最高1,000万円、またショッピングガード保険として最高100万円*1が付帯しています。

いずれも自動付帯ではなく利用付帯ですので、このカードを使って決済した場合のみ有効です。

海外旅行傷害保険については、別途保険に加入するか、もっと手厚いクレジットカードを使うことを前提に考えた方がいいでしょう。

電子マネー対応

iDとPiTaPaに対応しています。iDは無料で利用できモバイルiDにも対応していますので、Felica対応のスマートフォンでもiD決済が利用できます。

Apple Payにも対応していますので、iPhoneでも安心して使えます。

PiTaPaも年1回以上の利用があれば無料で利用できます。*2

ANA VISA nimoca カードで貯めることができるポイント

やっぱりANA nimoca

ANA VISA nimoca カードは、この1枚のカードで3つのポイントを貯めることができるのが大きな特徴です。

そしてこの特徴が、ハピタスなどのポイントサイトで貯めたポイントを、交換率70%という高いレートでANAマイルに交換することができる仕組みを実現しています。

クレジットカードのポイントが、これだけの高倍率でANAマイルに交換できるものは、他にはソラチカカードしかありません。

明らかに、我々陸マイラーを取り込むことを目論んで発行されているクレジットカードになります。

ショッピングで貯める「ワールドプレゼント」ポイント

1,000円ごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まります。貯まったワールドプレゼントポイントは1ポイント=5ANAマイルに交換できます。

5ANAマイルは市場価値としては10円に相当するので、ショッピングにおける還元率は1%ということになります。

また、税抜6,000円の移行手数料を支払うと、1ポイント=10ANAマイルとして交換することも可能です。

この6,000円は交換の都度必要にはなりませんが、4/1〜3/31の年度ごとに必要になります。

ショッピング用のクレジットカードとしては還元率1%なので、普通と言えば普通です。

もしANAマイルを貯めることを目的にクレジットカード決済を行うのであれば、このカードはあまりおすすめできません。

飛行機で貯める「ANAマイル」

ANAグループ便やスターアライアンス加盟の航空会社便に搭乗の場合はフライトでマイルが貯まります。

また、ANAグループ便であれば10%のボーナスマイルも獲得できます。

ソラチカカードのボーナスマイル

搭乗時のボーナスマイル10%というのは、その他のANA一般カードと同じですね。

このカードを保有する目的は「nimocaルート」開通のためです。

ANAマイレージカードとしてボーナスマイルを狙うのであれば、別途「ANA VISA ワイドゴールドカード」なども保有した方がいいでしょう。

「ANA VISA ワイドゴールドカード」であれば、ボーナスマイルが25%になります。

先ほどのショッピング目的としても、こちらのカードの方が優秀でANAマイルが貯まりやすいです。

ANAマイルを貯めることに特化したクレジットカードについては、以下の記事でおすすめ5枚を紹介しています。

合わせて検討してみてください。

ANAのマイルが貯まるおすすめクレジットカード5選

nimocaで貯める「nimocaポイント」

このカードで西鉄バス・西鉄電車、昭和バス、大分交通、大分バス、亀の井バス、日田バス、JR九州バス、熊本市電、筑豊電鉄、佐賀市営バス、函館バス、函館市電メトロに乗車した場合、nimocaポイントが貯まります。

例えば電車では、月間1〜20回までの乗車に対して利用金額の1%、21〜40回までであれば利用金額の2%分がnimocaポイントとして貯まります。

使えるエリアは九州および函館となりますが、他の交通系ICカードである、Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、SUGOCAと相互利用ができるようになっていますので、このエリアの電車やバスにも乗車することができます。*3

残念ながら、他社エリアの場合はnimocaポイントは貯まりません。

入会および継続マイルキャンペーン

「ANA VISA nimoca カード」は入会時に新規入会キャンペーンとして1,000マイルがプレゼントされます。

また、毎年の継続時にも1,000マイルがプレゼントされます。

先ほど、2年目以降の年会費が税抜2,000円と説明しましたが、2,000円で1,000マイルを購入していると思えば、1マイル2円なのでなかなかお得かもしれません。

貯めたANAマイルで国際線のビジネスクラス特典航空券を発券すれば、1マイルの価値が5円以上になることもありますからね。

ANA1マイルの価値は、国際線では何円になるか?

ANA VISA nimoca カードを作る時にANAマイルを貯める

「nimocaルート」を開通させるのは、ポイントサイトで貯めたポイントを、ANAマイルに効率よく交換するためです。

ですが、せっかくなので、このカードを作る時にもANAマイルを貯めてしまいましょう。

「ANA VISA nimoca カード」は、作る際に最大でANAマイルを4重取りすることができます

  • 「マイ友プログラム」の紹介プログラムでANAマイルを獲得
  • ポイントサイトの入会キャンペーンでポイント獲得→ANAマイルに交換
  • ポイントサイト経由でクレジットカードを発行してポイント獲得→ANAマイルに交換
  • nimocaカードの入会キャンペーンでマイルを獲得

もちろんキャンペーンは水モノなので、いつでも開催されているとは限りません。

ただ、うまく活用できればクレジットカードを作っただけで、大量のANAマイルを貯めることが出来ますので、ぜひとも活用したいものです。

詳しくは、以下の記事をご参照ください。「ANA VISA nimoca カード」のキャンペーン情報についても解説しています。

ANAマイルを4重取りしながらANAカードを作成

年間25万マイル以上のnimocaルートを活用する

ここからは「ANA VISA nimoca カード」を使うことで開通する「nimocaルート」のお話です。

「ANA VISA nimoca カード」はANAマイル還元率が特別高いわけでもなく、その他特典サービスが充実している訳でもありませんので、このカード単体での魅力はあまりありません。

にも関わらず、今後陸マイラー必須のクレジットカードになるだろうと言われているのは、このカードを使うことで、ポイントサイトなどで貯めたポイントを、交換率70%という驚異的な数字でANAマイルに交換できる「nimocaルート」が使えるようになるからです。

nimocaポイントとANAマイルのポイント相互交換機能

重要なのはこのカードが持つ、nimocaポイントとANAマイルの相互交換機能です。

10nimocaポイント=7マイルに交換することができ、交換率70%(0.7倍)となります。

nimocaポイントとANAマイルのポイントの相互交換

楽天スーパーポイントやTポイントなどの他社ポイントをANAマイルに交換すると、通常は交換率が50%(0.5倍)です。

この交換率が悪いわけではなく、1ポイントと1マイルが持つ価値からすると、交換率50%は普通なのです。

一般的なポイントは1ポイント=1円、ANAマイルは1マイル=2円というのが相場です。

他社ポイントからANAマイルへ交換

nimocaポイントも同様で、1ポイントは1円という相場です。

ところが、ANAマイルへの交換に関しては1ポイント=0.5ANAマイルではなく、1ポイント=0.7ANAマイルと、提携カードらしく交換率が優遇されています。

1マイルの価値を2円として、交換比率から逆算すると、nimocaポイント1ポイントは1.4円の価値になります。

このANAマイルに対する価値が、他のポイントよりも高くなり、結果として高い交換率でANAマイルに交換できることがnimocaルートの最大の特徴で、「ANA VISA nimoca カード」の最大の強みと言えます。

nimocaポイントをより多く貯めるコツ

では、nimocaポイントはどうすれば貯めることができるでしょうか?

先ほどの説明通り、「ANA VISA nimoca カード」を使って該当の電車に乗車することでnimocaポイントを貯めることができます。

しかし、該当エリアに住んでいないと、その電車に乗る機会もありません。

また、ソラチカカード同様に、電車の乗車によるポイント獲得は、あまり多くは期待できません。

このnimocaポイントもメトロポイントと同じく、ANAマイルへの交換率が高いという強みを持っている一方、電車などの乗車では、このポイントを貯めづらいという弱みを持っています。

そこで活用したいのが「ハピタス」や「モッピー」「ちょびリッチ」などのポイントサイトです。

例えば、ハピタスというポイントサイトでは毎月1万や2万のポイントを貯めることができます。

貯めたポイントを現金化することもできるので、お小遣い稼ぎとして活用している人もいますが、多くの人は陸マイラーとしてANAやJALのマイルを手に入れるために利用しています。

ハピタスって何?という人は、以下の記事をご参照ください。

ハピタスでANAマイルを貯める方法。

nimocaポイントをANAマイルへ交換

ポイントサイトで貯めたポイントは、ポイント交換サイトを中継することでnimocaポイントに、そしてANAマイルに交換することができます。

nimocaルートによるANAマイル交換

ポイントサイトからPeXへの交換

ポイントサイトで貯めたポイントを直接nimocaポイントには交換出来ません。

一度「PeX」という、ポイント交換サービスのポイントに交換します。

どのポイントサイトからもWEB上で手続きすると、だいたい2〜3日でPeXに等価交換できます。

例としてハピタスの交換画面を見てみましょう。

ハピタスからPeXへの交換
少々紛らわしいですが、ポイント交換サイト「PeX」は10ポイント=1円となりますので、300ポイント→3,000ポイントというのは等価交換になります。

これまでソラチカルートを使っていた人は、PeXよりもドットマネーを使っていた人が多かったかもしれません。

まだPeXを使っていない方は、この機会に登録を済ませておきましょう。

PeXからnimocaポイントへの交換

PeXからnimocaポイントへの交換も簡単で、1,000ポイントを100nimocaポイントに交換できます。

これもPeXが10ポイント=1円のため、等価交換です。

PeXからnimocaへの交換申請

注意点は、交換申請を行なった日の、翌月15日頃にnimocaポイントに加算されますので、交換には最大で45日かかります。

また、交換上限が100万PeXポイントになっていますので、1ヶ月の交換で貯めることのできるnimocaポイントは10万ポイントが上限になります。

nimocaポイントからANAマイルへの交換

nimocaポイントからANAマイルへの交換は、交換申請から約1週間後に反映されます。

交換率は何度か説明している通り70%ですので、10nimocaポイントを7ANAマイルとして交換できます。

このnimocaポイントからANAマイルへの交換では、ひとつ大きな注意点があります。

それは、交換申請はオンラインでは出来ないということです。

主に九州もしくは函館に設置してある交換機か窓口を使用する必要があるのです。

なんだ…じゃダメじゃん…

と、思ってしまいますよね。

2018年1月9日のソラチカカード閉鎖の発表に間に合わせるように、2017年末にこの「ANA VISA nimoca カード」が突如発表されましたので、まだシステム側の準備が整っていないものと推測できます。

ソラチカカードの閉鎖状況や、このカードの生い立ちを考えると、近いうちにオンライン対応はされるはずです。

ただ、現時点ではnimoca→ANAマイルへの交換を行うことができる場所は、以下の通りとなります。

福岡地区

・nimoca総合カウンター
 ∟(天神・久留米・砂津・黒崎)
・西鉄天神高速バスターミナル(乗車場)
・博多バスターミナル(1F・3F)
・西鉄福岡(天神)駅 北口改札
・ソラリアプラザ(1F)
・ソラリアステージ(B2F)2ヶ所
・天神コア(1F)
・大橋西鉄名店街(B1F)
・エマックス・クルメ(2F)
・西鉄二日市駅
・西鉄小郡駅
・西新ゴルフセンター
・ゴルフウエスポ
・西日本シティ銀行大名支店
・かしいかえん
 ∟(正門ゲート横売店・サービスセンター)
・福岡ビル(1F)
・大丸福岡天神店(B2F)
・福岡三越(B2F)
・チャチャタウン小倉(1F)
・井筒屋小倉店(1F)
・福岡パルコ本館(5F)
・福岡銀行(天神地下街プラザATMコーナー)
・西鉄グランドホテル(1F)
・西新パレス(1F)
・貝塚駅
・にしてつストア各店舗(中州川端店除く)以下15店舗
 美鈴の杜・東郷店・四箇田店・小郡店・三苫店・リバーウォーク店・岡垣店・千早店・薬院店・別府店・天神店・朝倉街道店・太宰府店・長住店・大橋店

大分地区

・めじろんnimoca総合カウンター
・大分バス総合案内所
・北浜バスセンター(亀の井バス)
・JAべっぷ日出 旬の館石垣店
・JAべっぷ日出 旬の館日出店

熊本地区

・熊本市役所(1F)※平日のみ
・熊本銀行水前寺支店内ATMコーナー
・熊本銀行下通ファミリープラザ内ATMコーナー

宮崎地区

・宮崎交通(宮崎駅バスセンター)
・宮崎交通(宮交シティバスセンター)
・宮崎太陽銀行(本店営業部)
・宮崎太陽銀行(アートセンター店)

函館地区

・函館市企業局アクロス十字街(1F)
・函館市役所(1F)
・丸井今井函館店
・函館駅前バス案内所
・函館市役所亀田支所
・コープさっぽろ湯の川店

ANA VISA nimoca カードを使ったnimocaルートのまとめ

ポイントサイトで貯めることのできるポイント数は、どれぐらいそのポイントサイトを活用できるかによります。

例えばハピタスでは毎月の交換上限が30,000ポイントですので、上限いっぱいの30,000ポイントを毎月貯めているとしましょう。

nimocaルートではANAマイル交換率が70%ですので、毎月21,000ANAマイルが手に入る計算です。

1年間で252,000マイルを貯めることができますね。

家族3人でビジネスクラスを使ったハワイ旅行でしたら、毎年行けるマイル数です

1年で25万以上のANAマイルを貯めるまでの道のりを簡単にまとめてみましょう。

以下がポイントサイトでポイントを貯めるところから、nimocaルートを使ってANAマイルに交換するまでのステップです。

  1. ポイントサイトで毎月30,000ポイントを貯める
  2. 貯めた30,000ポイントを300,000PeXポイントに交換する(3日)
  3. 300,000PeXポイントを30,000nimocaポイントに交換する(翌月15日)
  4. 30,000nimocaポイントを21,000マイルに交換する(1週間)

「ANA VISA nimoca カード」が必要になるのは、このルートの3番目〜4番目のところです。

ポイントサイトのポイントが、直接nimocaポイントやANAマイルには交換できないので、ちょっと面倒だなと思うかもしれません。

しかし、一度やってみるとそれほど手間でもなく、簡単にANAマイルに交換できることが分かります。

そうそう、もしあなたが、これから「 ANA VISA nimoca カード」を作ろうと思っているのでしたら、このクレジットカードを作る際にもANAマイルを貯めることができることを、忘れないようにご注意ください。

クレジットカードを作ってANAマイルを手に入れる

#nimoca#ANA#マイル

2018-04-27

*1:海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象

*2:1年間に一度もPiTaPaのご利用(交通・ショッピング)がない場合は、PiTaPa維持管理料として税抜1,000円が必要になります。

*3:エリアをまたいでの乗車はできません。またオートチャージも利用できません。