ANAマイルでまったりハピタス生活

ハピタスでANAマイルを効率的に貯める方法やANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報など、生活に役立つ情報をお届けしています。ハピタスなどのポイントサイトやANAカードを活用することで年間数十万マイルを貯めることが簡単に出来ます。ANAマイルで特典航空券を手に入れて家族で海外旅行に行っています。

【2019年 北海道旅行記】旅行費用の内訳

#日常#旅行#北海道

北海道・十勝への家族旅行2泊3日の様子を、3回に渡ってお届けしてきました。

この旅行で実際に支払った費用はわずかですが、参考までに費用内訳をまとめてみたいと思います。

個人的なメモの意味も含んでいますが、もしよろしければご参考ください。

私は当サイトを通じてお伝えしている通り、陸マイラーとして日々マイルを貯めています。

主にANAのマイルを貯めていて、最近の旅行と言えばすべて特典航空券を使用しています。

この旅行は特典航空券ではなかったものの、貯めたマイルを活用しての旅行となっています。

またマイルと共にポイントサイトのポイントも貯めています。私が利用しているのはハピタスというポイントサイトです。

元々ハピタスのポイントはマイルへの交換目的で貯め始めたのですが、マイルへの交換上限があるためマイルに交換しきれないポイントが結構残っています。

そういったポイントをプリペイド式のクレジットカードにチャージしており、旅行の中で発生する航空券以外の支払いなどに充てています。

もしかしたら、あなたが想像しているような費用の支払い方と違う点もあるかもしれませんが、ご了承ください。

飛行機代

旅の中で大きなウェイトを占める飛行機代ですが、先述のとおり今回は特典航空券を取ることができませんでした。

そこで「ANA旅作」を利用して飛行機と宿を手配しました。

ANA旅作での費用の支払いはスカイコインを利用し、使用したスカイコインは289,000となります。

これは貯めていたマイルから170,000マイルを交換して289,000スカイコインに変えています。

貯めたANAマイルをスカイコインに交換

総額に百円単位の端数がありましたので、300円はクレジットカードで支払い、これが実際の出費となります。

もしチケットだけを個別に手配した場合、同時期に羽田と十勝帯広空港を往復すると、だいたい一人25,000~45,000円ほどのようです。

3人分で135,000円というところですね。

意外と高いですね。

宿泊費

宿泊したのは、十勝川沿いにある「観月苑」という旅館でした。

これも「ANA旅作」の289,300円に含まれています。

私たちが宿泊したのは観月苑さんの「最上階展望フロア 展望露天風呂付特別室」というプランです。

もしこの宿を個別に手配した場合、同日程でだいたい一人1泊25,000円でした。

3人で2泊していますので150,000円ほどになりますね。

さらに私たちは羽田空港に前泊しています。

なにせ朝6時台の出発でしたからね。

羽田エクセルホテル東急さんの食事なし素泊まりプランで一人1万円でした。

3人合計3万円となります。

これはPolletというプリペイド式のクレジットカードで支払いました。

Polletはハピタスなどのポイントサイトで貯めたポイントでチャージができます。

なので、実質貯めたポイントで支払ったことになります。

レンタカー代

レンタカーも「ANA旅作」に含まれています。

今回は日本レンタカーで「ヴィッツ」という車種が手配されていました。

同条件で3日間借りると18,000円ほどのようです。

食費

朝夕はバイキングとして観月苑さん宿泊プランに含まれていましたので、それ以外の食費となると主に昼食になります。

各昼食の細かい金額は覚えていないのですが、だいたい以下のとおりです。

  • 1日目:豚丼ぱんちょうさん。3人で3千円ほど
  • 2日目:しんむら牧場さんでワッフル。3人で3千円ほど
  • 3日目:花畑牧場でピザ。3人で3千円ほど

これらはどれもクレジットカードが使えませんでしたので、現金で支払っています。

それ以外にも、デザートをつまんだりソフトクリームを食べたりしていて、だいたいですが3人で3千円ほどを使っているかと思います。

日本では外食費用をクレジットカードなどで支払うことが出来ないケースが多いですね。

キャッシュレス化が進む中で、この部分が取り残されているような感じもあります。

マイルもクレジットカードも使えないと、陸マイラーとしては数少ない実出費になりますので、なるべく避けたいところではあるのですが...。

遊興費

今回の旅行は牧場が中心でしたので、入場料やアトラクション費用などはあまりかかりませんでした。

3日間ともヤギや馬に餌やりを行いましたが、これが1パック100円です。

また初日の十勝競馬場では馬券を購入しました。

500円分購入して全部外れてしまいましたので500円の出費です。

あと、唯一入場料が発生したのが3日目のばんえい牧場十勝さんです。

一人700円×3人で合計2,100円でした。

それ以外には遊興費とは厳密には違いますが、お土産購入で2千円ぐらい使用しています。

その他

レンタカーのガソリン精算が1,500円ほどでした。

それ以外には...たぶん使っていないかも。

合計

ということで、ここまでに列挙した費用を合算すると、

289,000コイン+30,000ポイント+18,400円になります。

もしマイルやポイントが何も貯まっていないとすると、337,400円になりますね。

1日あたり112,000円。一人1日あたり37,000円。

そう思うと結構な出費ですね。

ただし、先述の通り私はマイルを貯めていますので、実際の出費は18,400円のみです。

1日あたり6,100円。一人1日あたり2,000円。

北海道まで飛んで濃密な時間を過ごせたことを考えると激安です。

全部実費がかかる場合と比べると、出費額は5%ほどしかありません。

18,400円の中にもPolletで支払ったものがありますので、厳密に現金が出ていったのはもっと少ないでしょう。

みなさんもよかったらマイルやポイントを貯めてみませんか?

それほど難しくはありませんよ。

ちょっとの工夫と努力の継続で何とかなります。

今回の北海道旅行で170,000マイルと、ハピタスの30,000ポイントを使用しましたが、これは今貯まっているマイルやポイントのごく一部です。

秋には家族でイタリア旅行に行きます。(特典航空券285,000マイル@3人)

その2ヶ月後にハンガリーに一人旅に行く予定です。(特典航空券95,000マイル@1人)

年明けには娘と2人でスキーをするために再び北海道に行きます。ソウル経由ですので少しばかりのソウル観光も予定しています。(特典航空券30,000マイル@2人)

来年GWには家族3人でマレーシア旅行に行きます。(特典航空券189,000マイル@3人)

これらはすべて、ANAのマイルを使ってビジネスクラスで手配済みです。

実は今年のGWも特典航空券を使って娘と香港に行ってきました。

これでマイルを使い切っているかというと、全然そんなことはありません。

来年夏~秋にかけて沖縄行こうか?トルコがいいかな?スペインかな?などなどを考えたりしています。

今のところマイルの残数による行き先制限はないです。

家族3人で欧米に何回か飛べる分のマイルは残っていますし、日々貯まり続けています。

どちらかと言うと休みをやりくりすることが大変だったりします。

ハンガリー旅行も家族で行っても良かったのですが、イタリアに続いて長距離フライトということで嫁がちょっと引き気味なのと、娘も学校を何回も休むわけにはいかないということで、一人旅という選択になりました。

さらに休みが取れるようであればフライト予定を増やすつもりでいますが、この場合も特典航空券の取りづらさを考慮すると一人旅になるかもしれません。

ハピタスのポイントもかなり貯まっていて、特典航空券で飛行機を手配した場合の宿代はポイント(Pollet)を使って支払っています。

観光施設の入場料や特急列車なども、WEBサイトで予約できるものは事前に予約し、すべてハピタスのポイント(Pollet)で支払っています。

海外ではクレジットカードが使えないシーンが少ないので、ほとんどの現地支払いはPolletでいけます。

もちろん、現地で通貨を引き出しますが、ほとんど使わないことが多いですね。

むしろ国内のほうがクレジットカードが使えないシーンが多いので出費が大きくなりがちです。

さぁ、マイルを貯めて旅を満喫しませんか?

以下は1年前に書いた記事ですが、内容としては古くなっていませんので、よかったら参考にしてみてください。

また、ANAマイルを貯める最初の一歩が、マイルが貯まるクレジットカードへの切り替えです。

私もそうでしたが、マイルを貯めようと思った人が最初に検討するのがクレジットカードです。

日々の生活費や固定費をマイルの貯まるクレジットカードで決済しておけば、知らず知らずのうちに少しづつマイルが貯まっていきます。

そして、そんなクレジットカードを作る際にお得にマイルを貯める方法があります。

別に裏技ではありませんので、知っているか知らないかだけなのですが、意外に知らない人が多いです。

もし、これからマイルを貯めるためのクレジットカードを発行してみようと思っているなら、以下の記事にも目を通しておくといいでしょう。

上記2つの記事はシステムの都合上、発信日は古い日付のままですが、定期的に見直しをして更新していますのでご安心ください。

#日常#旅行#北海道